【永久保存版】男性向けの正しいスキンケアを解説

目次

最近では、男性がスキンケアをするのが当たり前になってきましたね。スキンケアは仕事でもプライベートでも好印象を与え、欠かせないものです。「男がスキンケアなんて」と思っていることは時代遅れかもしれません。 今回は、そんな男性向けのスキンケアを紹介します。

男性のスキンケアとは

スキンケアとは、健康で美しい肌を保つために基礎化粧品などを用いて肌の手入れをすることです。 皮膚を清潔にし、肌が乾燥するのを防ぐ目的として、化粧水や乳液などを使って保湿します。 予防のためのスキンケアが重視され、基礎化粧品も多く開発されています。 保湿や保護をすることで、肌が本来持っている新陳代謝の機能を高め、綺麗で健やかな肌に導きます。 男性のスキンケアとは 男性の場合、女性に比べて男性の肌が ・肌内部の水分量が少なく、乾燥しやすい ・シェービングの習慣があり、日常的にダメージを受けている ・日焼け止めを塗る習慣がないので、紫外線によるダメージを受けやすい 以上のような特徴があります。男性の肌悩みで多いのが「顔のベタつき・テカリ」。男性の顔は皮脂が多いから、乾燥しにくいと思いがちですが、水分量が少ないため乾燥してしまいます。 そのため、男性に合ったスキンケアを行う必要があります。 

スキンケアの目的

スキンケアの目的とは 1.肌を清潔にする 2.乾燥対策 3.紫外線対策 以上の目的があります。

メンズスキンケアの手順

手順1.洗顔

まずは、清潔な手を準備しましょう。水の温度はぬるめが良いです。温度が熱すぎてしまうと肌にダメージを与えてしまい、冷たすぎるのもよくありません。 ぬるめの水で、顔の汚れを落すことができたら、たっぷりの泡を立てて顔を優しく撫でるように洗います。 この時のイメージは泡を肌に置くような感じです。泡を立てるのは手と顔が擦れてしまうのを防ぐためです。泡を立てるのが苦手な人は泡立てネットを使いましょう。 泡で洗うことができたら、しっかり洗い流します。洗い流しがあると肌への刺激になってしまいます。

手順2.化粧水

洗顔を行うことができたら、たっぷりの化粧水で保湿します。 手で行っても良いですし、コットンを使って行うのも良いでしょう。この時は塗り残しがないようにこまめに顔全体に馴染ませてください。顔の内側から外側へ行うと良いです。

手順.4乳液・クリームでの保湿

化粧水をつけることができたら、乳液またはクリームでフタをしてあげます。化粧水のみだと化粧水が蒸発してしまい保湿できません。そのためフタをする必要があります。 乳液またはクリームはつけ過ぎないように、少なめに取り足りなかったら足していくようにしましょう。 以上がスキンケアの大まかな流れです。

メンズスキンケアの注意点

男性の肌は皮脂が多く、ベタついたり、テカリが気になったりします。ベタつくからといって、過剰な洗顔はかえって悪化させてしまうため朝晩の2回までの洗顔にしましょう。 皮脂を取ろうと洗顔しすぎると、肌のバリア機能が低下し、肌があれ余計にベタついたりテカリ安くなってしまいます。 化粧水は、保湿力が高いものを選びましょう。保湿力の高い成分はセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などが挙げられます。そのためこれらの成分が含まれているものを選びましょう。 乳液も保湿成分が高いものを選びましょう。男性の場合、女性の肌と比べて皮脂の分泌量が多いため、油分は少量で十分です。 これらの注意点を意識してスキンケアを行いましょう。

まとめ

以上が男性のスキンケアでした。 男性の肌はベタつきやすく、テカリやすいです。だからといって過剰な洗顔は逆効果で肌を余計悪化させてしまいます。 洗顔後はしっかりと保湿し、肌に水分を与えてあげましょう。 毎日続けることがスキンケアにおいて大切で、面倒臭いと思う時もあるかもしれませんが、頑張って続けましょう。

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

メンズ向けパウダーファンデーションおすすめ人気5選【塗り方も徹底解説】

24thのパウダーファンデーションがメンズにおすすめ!【使い方や口コミも紹介】

メンズ向け美顔器おすすめ人気5選【選び方から使い方の注意点まで徹底解説】

クワトロボタニコから手荒れ&老け手を防ぐハンドクリームが登場!

メンズにおすすめのビューラー8選【使い方から選び方まで徹底解説】

メンズスキンケアブランド「BULKHOMME(バルクオム)」がコンビニ展開を開始!

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る