【永久保存版】正しいスキンケアを行って美肌を目指そう。

目次

スキンケアの目的や正しいスキンケアの解説をします。

スキンケアとは

スキンケアとは、健康で美しい肌を保つために基礎化粧品などを用いて肌の手入れをすることです。 皮膚を清潔にし、肌が乾燥するのを防ぐ目的として、化粧水や乳液などを使って保湿します。 予防のためのスキンケアが重視され、基礎化粧品も多く開発されています。 保湿や保護をすることで、肌が本来持っている新陳代謝の機能を高め、綺麗で健やかな肌に導きます。

スキンケアの目的

スキンケアの目的とは 1.肌を清潔にする 2.乾燥対策 3.紫外線対策 以上の目的があります。

スキンケアの手順

スキンケアは朝と夜で肌の状態や目的が異なるため、スキンケアが異なります。 大まかなスキンケアの手順は以下のようになります。

洗顔

まずは、清潔な手を準備しましょう。水の温度はぬるめが良いです。温度が熱すぎてしまうと肌にダメージを与えてしまい、冷たすぎるのもよくありません。 ぬるめの水で、顔の汚れを落すことができたら、たっぷりの泡を立てて顔を優しく撫でるように洗います。 この時のイメージは泡を肌に置くような感じです。泡を立てるのは手と顔が擦れてしまうのを防ぐためです。泡を立てるのが苦手な人は泡立てネットを使いましょう。 泡で洗うことができたら、しっかり洗い流します。洗い流しがあると肌への刺激になってしまいます。

化粧水

洗顔を行うことができたら、たっぷりの化粧水で保湿します。 手で行っても良いですし、コットンを使って行うのも良いでしょう。この時は塗り残しがないようにこまめに顔全体に馴染ませてください。顔の内側から外側へ行うと良いです。

乳液・クリーム

化粧水をつけることができたら、乳液またはクリームでフタをしてあげます。化粧水のみだと化粧水が蒸発してしまい保湿できません。そのためフタをする必要があります。 乳液またはクリームはつけ過ぎないように、少なめに取り足りなかったら足していくようにしましょう。 以上がスキンケアの大まかな流れです。以下では夜と朝のスキンケアをより詳細に解説します。

夜のスキンケアの手順

夜のスキンケアの目的は、1日の肌の汚れを落とし、肌に潤いを与えるために行います。

1.クレンジング

クレンジングの多くは、「油成分」と「界面活性剤」でできています。 「油成分」は、メイクを浮き上がらせる役割、「界面活性剤」は、浮いた油を混じり合わせ、メイク汚れを落としやすくする役割と1日の皮脂をすっきり落す役割もあります。 クレンジングは、メイクを落とすことに着目し作られているので、全ての汚れを落としきれるわけではありません。そのため、クレンジングの後に洗顔を行いましょう。

2.洗顔

水でしっかり汚れを落としましょう。温度はぬるめが良いです。 水で汚れを落としたら、たっぷりの泡で洗います。ホコリや汚れを落すためにたっぷりの泡で汚れを包み込むように優しく洗いましょう。 この時、泡を作るのに洗顔ネットを使うことをおすすめします。ただし、泡立てネットは雑菌が繁殖しやすいため、風通しの良い場所で管理したり、こまめにネットの手入れを行いましょう。 乾燥しやすい人や敏感肌の人は、しっとりタイプの洗顔料を選ぶと良いです。 また季節によって、自分の肌に合わせた洗顔料で洗顔してあげると良いです。

3.導入液

化粧水の前に使う導入液やオイルは、「ブースター」と呼びます。 肌を柔らかくして水分を吸引する力が増し、化粧水の浸透をよくする効果があります。

4.化粧水

たっぷりの化粧水をつけましょう。肌を擦らず、肌に浸透させるイメージで行うのがポイントです。 この時、手ではなくコットンを使用するのも良いですが、コットンを使う際には、力加減を意識して摩擦や刺激を肌に与えないようにしましょう。

5.美容液

化粧水を塗った後に、美容液は使いましょう。 化粧水は肌に水分を与える役割があり、化粧水を塗っただけでは油分のバランスが取れずに肌が乾燥し、かえって皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。 美容液やオイルを化粧水の後にすぐ塗ることで、肌に潤いと油分が与えられ、バランスのいい肌が実現されます。

6.乳液・クリーム

化粧水で補った水分を逃さないために、乳液・クリームで保護します。 美容液を使う場合は、乳液やクリームは必要ないでしょう。油分過多にならないように、肌の状態や季節などに合わせて調整しましょう。 乳液とクリームの違いは、油分の量です。 肌の乾燥がひどい時は、クリーム。乾燥がひどくない時は、乳液を使いましょう。 冬など乾燥しやすい時期はクリームを使って、夏などの時期は乳液を使って上手く使い分けましょう。 過度の油分は、かえって肌に負担となり、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

夜のスキンケアのポイント

夜のスキンケアは、とにかくクレンジングで1日の汚れを落とし肌を休ませてあげましょう。日中に浴びた紫外線や刺激によるダメージを修復してくれます。 肌に必要な成分を十分に届けるためには、毛穴の汚れを落とさなければいけません。メイクや汚れが残っていると美容成分が肌の深層まで浸透しにくくなるので、クレンジングと洗顔はしっかり行いましょう。 肌が乾燥しやすい人は、クリームクレンジング、肌がベタつきやすい人はオイルクレンジングがおすすめです。

朝のスキンケアの手順

夜のスキンケアは水分と油分を補い保つことが目的でした。一方で朝のスキンケアは、これから受けるダメージを防ぐために行います。 そのため、朝とよるでスキンケアの内容を変える必要があります。

1.洗顔

まずは顔を洗う前に手を清潔な状態にしましょう。汚れた状態で洗顔を行ってしまうのは意味がありません。

2.導乳液・オイル

先ほど述べたように、化粧水の前に使う導乳液やオイルは、「ブースター」と呼びます。 肌を柔らかくして水分を吸引する力が増し、化粧水の浸透をよくする効果があります。

3.化粧水

たっぷりの化粧水をつけましょう。肌を擦らず、肌に浸透させるイメージで行うのがポイントです。 顔だけでなく、首筋や耳裏まで保湿すると良いですよ。

4.美容液・オイル

化粧水を塗った後に、美容液は使いましょう。 化粧水は肌に水分を与える役割があり、化粧水を塗っただけでは油分のバランスが取れずに肌が乾燥し、かえって皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。 美容液やオイルを化粧水の後にすぐ塗ることで、肌に潤いと油分が与えられ、バランスのいい肌が実現されます。

5.乳液・クリーム

化粧水で保湿した水分を逃さないように、フタをして閉じる役割をする乳液とクリーム。 保湿は油分の少ないものから多いものへと順番に使っていくのが基本です。先に油分が多いものを使ってしまうと、肌に潤い成分が浸透しにくくなります。

6.UVケア

最後にUVケアをしましょう。紫外線はシミやシワ、乾燥の原因になります。一年を通してUVケアをする必要があります。 最近ですと、スマホ焼けといったスマホからの光で肌がダメージを受けていることもあります。

朝のスキンケアのポイント

朝のスキンケアは手を抜きがちですが、1日の潤いを補給する大切なものです。朝のうちにしっかりとスキンケアを行っていないと、肌が水分不足のまま1日を過ごすことになってしまいます。 夜のスキンケアは肌のダメージを修復するもの、朝はその日の潤いをチャージして肌の乾燥や汚れなどのダメージを少なくする意味があります。 夜に肌を修復しても、日中にダメージをたくさん受けていては修復が間に合いません。そのため朝のスキンケアで肌を守る必要があります。

まとめ

スキンケアは朝と夜で異なります。夜は肌を水分、油分で補い、朝は肌を乾燥や汚れなどのダメージから守ることが目的です。そのため、朝と夜ではスキンケアの方法を変えるのが良いでしょう。 また季節によってもスキンケアを変えることが大切です。 今まで、なんとなくスキンケアを行っていた人も、スキンケアの目的を理解して自分のスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

メンズメイクでニキビを隠す方法を徹底解説! 【ニキビ隠しにおすすめのアイテムも紹介】

テカリが気になるメンズにおすすめ!防止下地をご紹介!

化粧下地だけでメンズメイクをする方法をご紹介!【バレないコツも解説】

メンズの髪が乾燥してしまう原因と対策4選【おすすめのアイテムから使い方まで徹底解説】

メンズメイクにおすすめのアイプチ6選【バレずに二重へ!】

【メンズメイク】オススメの眉毛の描き方をパウダー・ペンシルごとに解説

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る