【メンズメイク】初めてのメイク!揃えるべきものとは?

目次

初めてメイクをするとき、何を揃えればいいかわからないですよね。

ここではメンズメイクをする上で揃えるべきものを必要なものをご紹介していきます!

これは必ず!マストなものを紹介

メイクをする上で必ず必要になるものをご紹介します。

ベースメイクに必要な化粧品

メイクをする上で欠かせないものがベースメイクを作る化粧品です。

色は顔と首の境の色に合わせて選ぶと自然なベースメイクになります。

ベースメイクには二パターンあります。自分のなりたい肌に合わせて選びましょう。

1:BBクリーム・パウダー

これは初心者の方には手軽でやりやすいベースメイクです。

BBクリームを顔全体に薄く均一に塗った後にパウダーで仕上げをするという手順です。

失敗も少ないですしナチュラルに仕上げることができます。

2:化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・パウダー

メイクをイメージする方はこの手順を思い浮かべるのではないでしょうか。

化粧下地、ファンデーションを顔全体に薄く塗り、シミやクマなど気になるところをコンシーラーを載せてポンポンと叩き込むように塗ります。最後にパウダーで仕上げる、という手順です。

手順は多いですがその分気につな肌になったり、ツヤやマットなど自分のなりたい肌の質感になることができます。

アイブロウ

眉毛を整えると、清潔感が出てキリッとした印象になります。色は自分の髪の毛より少し明るめだと垢抜けやすいです。

メイクの前にカミソリなどで眉毛を整えてからアイブロウのメイクをするとより清潔感が出ます!

こちらも二パターンあるため、それぞれご紹介していきます。

1:アイブロウパウダー

こちらはアイブロウパウダーをブラシにとり、眉毛の薄いところを少しだけ多めに塗るように眉毛全体に軽く乗せていきます。

自分の眉毛の形をそのままなぞるように塗ります。眉頭という眉間に近いところが濃くなってしまうと不自然に見えてしまうので指などでぼかしてください。

ブラシでなぞるだけなので初心者の方は濃さに注意していただければ簡単です。

2:アイブロウペンシル

こちらはアイブロウペンシルで眉毛を一本一本描いていくような形になります。

こちらも眉毛全体を軽く一本一本書いていく形でなぞっていき、薄いところは気持ち多めに描いていきます。

自分の元々の眉毛ではないイメージ(例えばタレ眉、平行眉など)を作りたいときに活躍します。

リップ

リップは血色感を出すときに活躍してくれます。色は赤が自然に血色感を出してくれます。

リップスティックは色がはっきりしすぎてしまうため、初心者の方では色付きのリップクリームをお勧めします。

使い方はリップクリームを塗るようにし、両唇を擦り合わせてなじませます。

コップなどについたり、落ちやすくなることを防止するためにティッシュでポンポンと余分なリップクリームを取ることで落ちにくく色も長持ちします。

プラスアルファで揃えたい!

メイクを実際にしてみてもっと他のものを試したい…そんな方に他のコスメをご紹介していきます。

シェーディング&ハイライト

シェーディングとハイライトで陰影をつけるとよりはっきりした顔立ちにすることができます。

シェーディング

こちらは濃いブラウンのパウダーで陰の部分をつけるために使用します。輪郭をブラシなどでなぞるように使用します。

丸顔の方は輪郭の両横を重点的に、面長の方は顎と額の上部分を重点的に塗るとその悩みが解消されます。

ただし、濃くつけすぎると不自然になってしまうので自分で見て少し色がついたかな?という程度で大丈夫です。

ハイライト

こちらは明るい色のパウダーでメリハリを出します。

額と鼻のTゾーン、頬ぼねの高いところ、顎に軽くつけます。

濃くつけるとテカっているように見えてしまうため、軽くつける形で大丈夫です。

アイシャドウ

こちらはまぶたに陰影をつけて印象的な目にしてくれます。

初心者の方にはブラウンの四色前後の色が入ったパレットタイプのものをお勧めします。

そうすることで自然なグラデーションをまぶたに作ることができます。

使い方は明るい色からまぶた全体に塗っていきます。そこから次に濃い色をその半分、そのまた次に濃い色をその半分…という風にグラデーションを作っていきます。

アイライナー

こちらは目元をはっきりさせる効果があります。

色はブラックやブラウンがお勧めです。種類もリキッドアイライナー、ペンシルアイライナーなどがありますが、初心者の方にはペンシルアイライナーをお勧めします。ぼかしやすく、よりナチュラルに仕上がるからです。

使い方は、上瞼のまつげの隙間を埋めるように塗っていきます。アイライナーはなれるまで難しく感じると思いますが、練習することによってより綺麗に書くことができます。

チーク

チークは血色感を出したいという方にお勧めです。色は赤が自然に血色感を演出してくれます。

使い方はニッと口角を上げた時に一番高いところに塗ります。あまり濃く塗りすぎると女の子っぽくなりすぎたり、不自然になってしまうのでパウダーを ブラシでひとはけくらいで大丈夫です。

これを揃えれば大丈夫

ここでご紹介したものを揃えればメイクをすることはバッチリできます。

慣れてきたらプラスアルファなどにぜひ挑戦して見てください!

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

ABOUT

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る