長さで変わる?メンズの眉毛の長さごとの印象と眉毛の長さの揃え方

目次

眉毛は、顔の印象を整える重要なパーツ。眉毛の長さによって相手にどのような印象を持ってもらえるか大きく変わります。 今回は、眉毛の長さによって与える印象と、眉毛の長さの整え方について紹介します。

眉毛の長さで印象が変わる

眉毛の長さによって優しそうに見られたり、男らしく見られたりと相手に持たれる印象はさまざまです。 眉毛の長さごとの印象について紹介します。眉毛の長さを変えることで目と眉毛の距離も変わり見られる印象が変わります。

眉毛の長さが1〜2mmの場合

眉毛の長さが2mmの場合だと、中性的で穏やかな印象を与えます。しかし、マイルドに見えるので、男らしい印象は相手に伝わりにくいです。 反対に眉毛の長さを1mmより短く切ると、「怖い」や「いかつい」といった印象を相手に与えてしまうので切りすぎには注意です。

中性的に見られたい人や、穏やかな印象を与えたい人は眉毛の長さを2mmにするのがおすすめです。

眉毛の長さが3〜4mmの場合

男性の場合一般的に眉毛の長さが3〜4mmだと自然でナチュラルな印象を相手に与えられ、長すぎず短すぎずと程よい長さです。 眉毛の長さが4mmになると少し濃いと感じる人もいますが、キチンと手入れはされておりなおかつ男らしい印象を与えられます。

また、プライベートや仕事、女性からといったさまざまな場面で良い印象を与えられますので、多くの男性は眉毛の長さを4mmにするのがおすすめです。

眉毛の長さが5〜6mm

眉毛の長さが5mmになると、だいぶ濃く見えます。 男らしい印象を相手に与えられ、男ウケも良い長さです。 眉毛処理をしないと清潔感がないようにも見えるので、定期的な眉毛ケアが必要です 男らしく、頼りになる印象を与えたい人は眉毛の長さを5mmにするのがおすすめです。

眉毛の長さが6mm以上

眉毛の長さが6mm以上になると、男らしくワイルドな印象を与えられますが眉毛が整っていなかったり、ボサボサだったりすると不潔な印象を与えてしまいます。 極力眉毛の長さが6mm以上にならないように眉毛の長さを整えたり、手入れをしたりする必要があります。

眉毛の長さを整える方法4選

眉毛はその長さによって相手にさまざまな印象を与えられます。 ここでは眉毛の長さを整える方法を4つ紹介します。

1.眉毛にブラシをする

1つ目が眉ブラシなどで眉毛を整える方法です。 眉毛が長すぎるとボサボサだったり、不潔に見えたりするのでブラシなどで目の流れを整えるだけでも清潔感が増します。

2.眉毛を切る

2つ目の方法が眉毛を切ることです。 眉毛は放置していると自然に伸びてきます。 そういった場合は眉ハサミなどを使い眉毛をカットして長さを整えるのがおすすめです。

3.眉毛を剃る

3つ目が眉毛を剃る方法です。 不要な毛や眉毛の上に生えている産毛などを剃ることで眉毛を整えられます。 電動シェイバーやカミソリなどを使い、不要な眉毛を剃り落とすのがおすすめです。

乾燥した状態で剃ると肌が傷んでしまうので、しっかり化粧水や乳液で保湿してから眉毛を剃ることを意識しましょう。 剃っただけでは時間が経つといずれ生えてくるので定期的な手入れが必要です。

4.眉毛を抜く

4つ目が眉毛を抜く方法です。 眉毛を抜くと、剃り跡を残さずに眉毛を整えられます。 毛穴を抜き時に皮膚が引っ張られたり、場合によっては肌が傷つけられる可能性があります。

眉毛を抜く前に肌を温めることで毛穴が開き、肌に負担がかかるのを抑えられます。 眉毛を抜いた後に化粧水や乳液などでしっかり保湿するのがおすすめです。

眉毛の長さをそろえるのにおすすめのアイテム5選

眉毛の長さをそろえるのにおすすめのアイテムを紹介します。

眉毛用コーム

ブラシ部分を使い、眉頭から眉山に向かって眉毛をとかすことで、眉毛の流れを整えるのに使います。 また、眉毛に当てることで眉毛をカットするのにもおすすめです。

眉ハサミ

眉ハサミを使い眉毛の長さをそろえられます。 どのように眉毛を切りたいかによって使うハサミの種類も変わってきます。

シェイバー

眉毛シェイバーは肌に負担をかけずに眉毛を剃ることができます。

カミソリ

カミソリは、眉毛シェイバーよりも広い範囲を一気に剃ることができます。 不要な毛が多く生えていて、いちどにまとめて剃りたいときにおすすめです。 比較的安く購入することができます。 カミソリの場合、肌への負担がかかりやすいのでカミソリの前後にはしっかりと保湿をするのがおすすめです。

毛抜き

剃りにくい箇所などは、毛を抜くことで眉毛を整えられます。 剃るよりも生えるまでの期間が長くなりますが、剃るよりも肌へのダメージが強くなるので保湿などの肌ケアが必須です。

眉毛の形も忘れずに整えよう

せっかく眉毛の長さをそろえても、眉毛の形が左右で違っていたり、角度が変だったりしたら台無しです。 眉毛の長さだけでなく、全体の形を考えながら整えるとより良い眉毛を作れます。

眉毛を切りすぎてしまったら?

眉毛を切りすぎてしまったときの対処法について紹介します。

1.眉毛が伸びるまで待つ

眉毛を切るのに失敗してしまったら基本的には、眉毛が伸びるまで待つのがベストです。 がんばって整えようとすると、より収集がつかない状態になってしまう可能性があるのであまりおすすめはできません。 少しでも早く眉毛を生やすために、眉毛をマッサージしたり眉毛用の美容液を使うといった方法もあります。

2.アイブロウで眉毛を書き足す

男性だとなじみがない人が多いかも知れませんが、アイブロウを使って眉毛を書き足す方法があります。 眉毛が薄かったり、欠けている部位があったら自分の眉毛と同じ色のアイブロウを使うことで自然さを演出できます。

眉毛を切るのに失敗しないためには?

眉毛を切るのに失敗しないためには左右の眉毛を交互に処理していくのがオススメです。 左右の眉毛の長さや形を合わせながら交互に処理をすることで切りすぎや、左右で眉毛の形がちがうといったことを防げます。 利き手や、どちらの眉毛を切るかによって切りやすさが異なるので注意が必要です。

自分に合った眉毛の長さを

眉毛の長さを整えることで相手に良い印象を与えられます。 ぜひ、自分に合った眉毛の長さに整え、印象をアップさせてみてください。

 

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

【メンズメイク】オススメの眉毛の描き方をパウダー・ペンシルごとに解説

メンズコスメブランド「S. Forno(エスフォルノ)」がおすすめ!高品質で話題のスキンケアコスメをご紹介!

メンズ向けパウダーファンデーションおすすめ人気5選【塗り方も徹底解説】

24thのパウダーファンデーションがメンズにおすすめ!【使い方や口コミも紹介】

メンズ向け美顔器おすすめ人気5選【選び方から使い方の注意点まで徹底解説】

クワトロボタニコから手荒れ&老け手を防ぐハンドクリームが登場!

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る