薬局やドラッグストアで買える?メンズのニキビ跡に効果的な化粧水の選び方

目次

男性の大人ニキビは、せっかく治してもニキビ跡ができてしまったりして、どう対処すれば良いのか悩む方も多いと思います。

特に、薬局などに並んでいる市販の化粧水は種類も豊富で、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。

今回は、メンズのニキビ跡に効果的な市販の化粧水の選び方をご紹介したいと思います。

ニキビ跡に化粧水は必要?薬局で買える市販の化粧水の効果は?

薬局 ニキビ跡化粧水 効果

化粧水を使ったスキンケアはニキビやニキビ跡ができた肌にも重要です。

健康な肌は、ちょうど良い皮脂(油分)と水分のバランスを保って、ニキビができるのを防いでいます。

ところが、生活習慣の乱れなどによってホルモンバランスが崩れたり、スキンケアを怠ったりしていると、皮脂と水分のバランスも崩れ、ニキビができやすい肌になってしまいます。

化粧水には、このような肌の水分バランスを整える効果があり、ニキビやニキビ跡ができにくい肌をつくることが可能です。

ニキビやニキビ跡の改善には、もちろん皮膚科に行って薬をもらうのが一番の近道ですが、市販の化粧水でも症状に合ったものを選ぶことで、より効果を高めることができるでしょう。

ニキビ跡は3種類に分けられる

ニキビ跡 薬局 選び方

運悪くニキビ跡ができてしまったら、化粧水を選ぶ前に確認しておきたいことがあります。

ニキビ跡の種類によって効果的な成分が変わってくるので、自分の肌に合った成分が含まれている化粧水を選ぶことが何よりも重要です。

ニキビ跡は大きく分けて次の3つの種類に分けられます。

1.「赤みのある」タイプ・・・ニキビが治った後でも、肌に赤みが残ってしまっている状態

2.「色素沈着」タイプ・・・「メラニン」が原因で、ニキビが治った後に茶色くシミのように跡が残ってしまっている状態

3.「クレーター」タイプ・・・ニキビをつぶしてしまったりした後になりやすい、肌がでこぼこ(凹凸)になっている状態

このうち、ニキビ跡が「クレーター」タイプになっている場合は、要注意です。

クレーターになっている肌は、炎症が肌の深い層まで及んでいて、化粧水を使用しても改善は期待できませんので、かかりつけの皮膚科へ行くようにしましょう。

「赤みのあるタイプ」「色素沈着タイプ」については、適切な化粧水を選ぶことでニキビ跡の改善も期待できます。

化粧水を選ぶ時に見ておきたい!ニキビ跡に有効な成分は?

ニキビ跡 成分

それでは、ニキビ跡ができてしまった肌に効果的な化粧水はどのように選べば良いでしょうか。

商品名に「ニキビ向け」などと書いてある化粧水でも、本当に自分の肌の状態に合った成分が配合されているか確認しておきたいところです。

特に、ニキビ跡の予防や改善に効果的な化粧水を選びたい時は、次の成分が含まれているかをチェックしてみましょう。

・「グリチルリチン酸」(グリチルリチン酸2k、グリチルリチン酸ジカリウムなど)・・・いわゆる抗炎症成分といわれ、ニキビができてしまった肌にはもちろん、「赤みのあるタイプ」のニキビ跡に効果が期待できます。

・「アラントイン」・・・グリチルリチン酸と同じく抗炎症作用を持った成分で、角質を再生しやすくする働きもある為、「赤みのあるタイプ」のニキビ跡だけでなく、「色素沈着」や「クレーター」の予防も期待できます。

・「ビタミンC誘導体」(リン酸アスコルビリル、VCエチルなど)・・・肌に吸収されてからビタミンCに変化する成分で、肌が黒くなる原因となる「メラニン」の生成を抑える為、「色素沈着タイプ」のニキビ跡に有効です。

まとめ

最近は、薬局やドラッグストアでもメンズ向けの化粧水がたくさん見られるようになりました。

自分の肌に合った製品を選ぶことで、より効果的に予防・改善に繋げることができます。

薬局などで化粧水を選ぶときには、自分の肌の症状に有効な成分が含まれているかどうか、是非確認してみてください。

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る