【2020年最新版】日焼けがかゆい!かゆみを抑える方法3選

目次

 

そもそも日焼けってどうやって起こるの?

日光

そもそも日焼けとはどのような状態なのでしょうか。日焼けは、主に太陽光から放出される紫外線を皮膚にあびることによって、皮膚の中の細胞が壊れてしまいます。その細胞を修復しようとして、皮膚が炎症を起こすことを日焼けと言います。

 

日焼け後に起こるかゆみって何?

質問

日焼け後に肌が赤く腫れていくことを一般的にサンバーンと言います。サンバーンが起こった時は、肌が赤く腫れ上がり、ヒリヒリと痛みます。肌の皮膚を守てるバリア能力も破壊されるため、肌は非常に危険な状態にさらされ、水ぶくれなどが起こります。ケアをせずにそのまま放置していると、炎症が長続きしてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

日焼けのかゆみを抑える方法3選

ここからは、日焼け後のかゆみを抑える方法について見ていきます。ヒリヒリ腫れている場合は、絶対に触らないようにしましょう。

 

対処法1 患部を冷やす

日焼けして赤くなっている場合は、患部を冷却して腫れを抑えてあげましょう。患部を冷やすことによってこもった熱を外に逃がすことができ、腫れが引いていくことがあります。氷を使って急激に患部を冷やすと、逆に肌に刺激が強くなってしまうので、流水などで徐々に冷やしてあげましょう。

 

対処法2 薬用クリームを使う

かゆみのある肌には、日焼けに効く薬用クリームを使うことも1つの対処法です。日焼けに効く成分は、様々なものがありますが、おすすめの成分は、グリチルリチン酸です。グリチルリチン酸は、カンゾウという薬草から取れる成分で高い消炎効果があることで知られています。今回おすすめするクリームは、エーザイのザーネクリームです。
ザーネクリーム
ザーネクリームは、日焼け後のかゆみを抑えるグリチルリチン酸が多く含まれている他、肌の炎症を和らげるビタミンEも配合されているので、日焼け後に塗るのに最適なクリームです。肌荒れしやすい敏感肌の方でも使えるアイテムなのでぜひチェックしてみてください。

 

 対処法3ビタミンCを摂る

ビタミンCを摂取することで日焼けのかゆみの抑制を望むことができます。ビタミンCをは、ブロッコリーやイチゴなどの食べ物に多く含まれる成分です。ビタミンCを摂取することによって、日焼け後の炎症を抑えたり日焼け後に肌が黒くなってるしまうことに対して予防していくことができます。

 

日焼け後のかゆみはさよなら!日焼けの予防法

いくら対処法があるとはいえ、日焼け後のヒリヒリは避けたいですよね。そこで、ここからは、強烈な日差しも防ぐ日焼けの予防法を解説します。

 

予防法1 傘や長袖などを着用する

日焼けを予防したいのなら日に皮膚を当てないことが大事になってきます。そのために、日傘や長袖を着ることである程度日差しを避けることができます。服を着ることが一番簡単な予防法ですので、日焼けをしたくない方は下着に通気性の高いものを着るなどの工夫をして、長袖を着たりしてみましょう。

 

予防法2 紫外線カット効果の高い日焼け止めを使う

肌を焼きたくなければ、紫外線カット効果の高い日焼け止めを使うことをおすすめします。紫外線をカットする能力の指標としてSPF値とPA値がありますが、一般的に数値が高い方が日焼け止めの効果が高いです。おすすめの日焼け止めは、アネッサのパーフェクトUVスキンケアミルクです。

アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク

こちらの日焼け止めは、SPF値が50でPA ++++と日焼け止めの効果が非常に高いアイテムです。さらに、スキンケア成分も配合されているので、肌をケアしつつ日焼けを予防してくれます。

 

日焼けのかゆみは抑えられる!

今回は、日焼け後のかゆみが起こる原因とその対処法についてみていきました。日焼け後は肌がとても敏感になっており、正しいスキンケアをしなければさらに日焼け後のかゆみが悪化してしまう可能性があるので、しっかりと正しいケアをしていきましょう。

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト