【簡単にできる】自宅でできるメンズ脱毛のやり方3選

目次

「脱毛って興味があるけど、女の子がするもの」 「脱毛ってどんなことするのだろう」 最近では、男も脱毛をする時代になってきています。 私も体験脱毛に行ったりして、脱毛が身近になってきています。 今回は、脱毛の基礎知識を紹介します。

男性にとって脱毛がおすすめな理由

「男が脱毛って気持ち悪い。男は毛が生えてこそだ。」そう思う男性も少なからずいると思います。 しかし、最近、男性の脱毛に関して女性からは「清潔感がある」と高評価なんです。 手入れされているスネや顎髭に対して、プラスのイメージを持つこと歯あっても、マイナスのイメージを持つことは少ないようです。 反対に、全く手入れをしていないスネや顎髭に対しては、マイナスな印象をもたれがちです。 男性にとって、脱毛は必須ではありませんが、身なりやエチケットに気を使うなら試してみる価値があります。

脱毛の手段

まず初めに脱毛の方法を紹介します。

脱毛ワックス

体毛を処理したい部分にワックスを塗り、ワックスが乾いたら毛ごとはがし取るという方法です。 カミソリ、除毛クリームについで、手軽に行うことができますが、痛みを伴う可能性があります。

家庭用脱毛器

メラニン色素に反応する光やレーザーを照射して熱を発生させ、毛根にダメージを与えるものです。 繰り返し使うことによって、徐々に抑毛が進み、毛が生えにくくなります。 エステサロン脱毛との違いは、照射パワーが違います。そのため現れる効果が異なるとされています。

エステサロン・医療機関での脱毛

家庭用脱毛と同じで、光やレーザーを照射させて毛根にダメージを与えるものです。 家庭用脱毛器との違いは、照射パワーが強く、専門の方に行ってもらうため効果が現れやすいです。 しかし、コストが高いという点があります。

自宅でできる脱毛方法

脱毛には色々な方法があることがわかりました。 除毛も含めて、自宅で手軽にできる脱毛方法を紹介します。 男性におすすめな自宅でできる脱毛方法は ・カミソリ ・除毛クリーム ・脱毛ワックス 以上の方法です。

カミソリ

最もポピュラーでお金も手間もかからないのがカミソリでの処理です。 洗顔や入浴ついでに体毛まで処理できるので、とっても簡単です。 しかし、肌が弱い男性だとカミソリ負けのような肌トラブルを起こす可能性や 永久脱毛のように根本的な体毛の処理はできないのがデメリットです。

除毛クリーム

専用クリームを処理したい部分に塗布し、洗い流すだけで体毛がすっきり処理できる除毛クリームは、仕上がり重視の男性にオススメです。 また、肌に優しい成分の入った除毛クリームなどを使えば、カミソリが合わない男性でも肌トラブルを軽減できる可能性もあります。 ただし、体毛が濃い男性だと一回では完全に処理できないことがあるので、コストがかかる場合もあります。 また、一般的に除毛クリームは顔への使用は禁止されています。

脱毛ワックス

固まったワックスと一緒に毛根から体毛を引き抜くのが脱毛ワックス。 毛根から処理するため、カミソリや除毛クリームと比べて、処理後の体毛の生えてくるスピードが比較的遅いのが特徴です。 しかし、ワックスと一緒に肌の角質まで剥がしてしまうので、敏感肌の男性には不向きです。

自宅で永久脱毛は不可能?

自宅でできる脱毛では、永久脱毛はできません。 自宅でできる脱毛は、処理をしても綺麗なのは一時だけで、半永久的に体毛の処理を続けていかなければいけません。 自宅で処理をするのが面倒であれば、お店でできる脱毛も検討してみましょう。

お店でできる脱毛方法とは

エステサロンや医療機関でできる脱毛には大きく分けて3つのタイプがあります。 ・フラッシュ脱毛 ・ニードル脱毛 ・レーザー脱毛 以上の種類があります。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、脱毛エステや脱毛サロンが主に取り入れている脱毛方法です。 毛根に光を当てて、ダメージを与えて処理していく方法で痛みが少なく、短時間・低コストで施術が可能です。 一度で全ての体毛がなくなるわけではなく、繰り返し通うことでだんだんと体毛が薄くなっていく効果が期待できます。 ただし、生えてくる体毛は限りなく薄くなっていくものの、フラッシュ脱毛には永久脱毛の効果は認められていません。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺し、弱い電流を流して直接毛根を焼くという方法です。 ニードル脱毛は永久脱毛の効果が認められているので、永遠に体毛とおさらばしたい男性にはオススメです。 しかし、痛みがかなり強く、施術費用も高額になるため、ニードル脱毛には不向きがあります。

レーザー脱毛

医療機関やクリニックでしか施術することができないのがレーザー脱毛です。 レーザー脱毛は、毛根にレーザーを照射して体毛を処理します。 多少の痛みはあるものの、サロンで行うニードル脱毛に比べると控えめです。 ただし、基本的に一度の施術で完了するニードル脱毛とは異なり、 5~10回程度医療機関に通う必要があります。 医療機関で行うため費用は高額となりますが、炎症や肌トラブルが起きた際、その場で処置・治療をしてもらえるという安心感があります。

まとめ

以上が脱毛の基礎知識でした。 最近では男性専門の脱毛サロンなどもたくさん増えてきているので 気軽に足を運びやすいと思います。 毛は身だしなみだと思うので、脱毛して清潔感を高めましょう。

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト