【メンズメイク】メイクでの肌荒れどうすればいいの?原因から対処法まで紹介!

目次

メイクする上で肌荒れは大の大敵ですよね。

そんな肌荒れのメイクでの隠し方、予防方法をご紹介します!

なんでメイクで肌荒れするの?

自分の肌にあっていない

そのメイクに含まれている成分が肌に合わないことでも肌荒れは起こります。

敏感肌の方などは刺激性の少ないコスメを選びましょう。

また、メイクに含まれている油分で肌の皮脂と相まって毛穴が詰まって肌荒れをすることもあります。

なので脂性肌の人はサラッとした油分のあまり多くないものを選びましょう。

メイク落としの際落としきれていない

メイクを落とす時に落としきれなかったメイクが毛穴を詰まらせて肌荒れになることもあります。

メイクを落とさないとメイク自体も酸化して肌に悪影響を与えます。

どうやって予防するの?

使用する化粧品を変える

刺激の強いコスメを避け、自分の肌に優しいものを選ぶと改善される可能性があります。

また、オイルフリーなど脂性肌の人には嬉しい処方のコスメもあります。

自分の肌の特徴を把握して、それにあったものを選びましょう。

また、メイクの始めに化粧下地をしっかりと塗ることで、ファンデーションなどの刺激から肌を守ることができます。

メイクの仕上がりもよくなるため、化粧下地を使うことをオススメします。

メイク落としをしっかりする

メイクが肌に残っていることでも肌が荒れるので、クレンジングと洗顔でしっかりとメイクを落としましょう。

メイクをしたまま夜寝てしまうこともNGです

モデルさんや女優さんでも家に帰ったらすぐメイクを落とす人もいます。

肌荒れが気になる人はメイクをしている時間を短くすると肌への負担も少なくなりますよ。

保湿をしっかりする

クレンジングや洗顔などで綺麗にメイクや汚れを落としたら、しっかりと保湿してあげましょう。

日頃しっかりとケアすることで乾燥などによる肌荒れを防ぐことができます。

基本の流れは洗顔→化粧水→乳液です。

化粧水で水分をしっかりと与えた後、乳液の油分で潤いを逃さないようにしましょう。

肌荒れの隠し方

肌荒れをしてしまったらファンデーションで隠すのではなく、コンシーラーを使いポイントで隠すようにしましょう

ファンデーションで隠そうとすると厚塗り感も出てしまい、肌呼吸ができなくなってしまい新たな肌荒れの可能性も出てきてしまいます。

なのでファンデーションは薄づきで、気になる肌荒れのところだけをコンシーラーで隠しましょう。

また、ニキビでの肌荒れは赤くなってしまうことが多いので、グリーンのコンシーラーやコントロールカラーで隠すと、補色の力で隠しやすくなります。

オススメのコンシーラーはこちら↓

こちらのコンシーラーは有名なキャンメイクのものです。ウォータープルーフ機能もあるので汗などに強いのでモチもバッチリです。

こちらのコンシーラーはメイベリンのものです。グリーンとベージュの二色なのでお悩みを隠しながら肌馴染みもいいんです。

こちらはエチュードハウスのコンシーラーです。モチもバッチリでヨレにくく、素肌のように薄く密着してくれます。

正しいケアとメイク方法で肌荒れに対抗

日頃のケアと使うコスメで肌荒れはある程度軽減できます。

肌荒れあまりにも肌荒れ、ニキビが多いときは皮膚科に行ってみましょう。

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

ABOUT

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る