【メンズメイク】 少しのツヤで小顔と美肌!ハイライトの効果と使い方 

目次

ハイライトとは

ハイライトとは部分的に明るい色をのせることで凹凸を作り、立体感やツヤ感を出してくれるアイテムです。ハイライトを使用すると鼻が高く見えたり、くすみを隠すことができるので顔の印象を変えることができます。

ハイライトの種類

ハイライトにはパウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ、スティックタイプがあります。

パウダータイプ

ハイライト パウダータイプ

パウダータイプは分量を調節しやすいため、初心者でも使いやすいです。また、ブラシを使えば額など範囲が広い部分にも綺麗に広げることができます。ふんわりとした艶感を出したいときはパウダータイプがおすすめです。

クリームタイプ

ハイライト クリームタイプ

クリームタイプは発色がよく、肌との密着度が高いため持ちもいいです。しかし、入れ方によってはヨレたりムラができたりしやすいです。少しずつ叩き込むようにつけることで自然に仕上げることができます。うるおいのあるツヤ感を出したいときはクリームタイプがおすすめです。

リキッドタイプ

ハイライト リキッドタイプ

リキッドタイプは伸びが良く、肌に馴染みやすいという特徴があります。また、保湿力が高く肌が乾燥しにくいです。しかしこちらもクリームタイプ同様ムラになったり、ヨレたりしやすいので、塗り方に注意が必要です。手の甲などに一度移してから指でのせるとムラや塗り過ぎを防げます。また、下地としてファンデーションの前に仕込むことでより自然な仕上がりになります。乾燥を防ぎながらツヤ感を出したいときはリキッドタイプがおすすめです。

スティックタイプ

ハイライト スティックタイプ

スティックタイプは顔に直接塗ることができるので、簡単かつ手早く使用できます。また、持ち運びや化粧直しがどのタイプよりも手軽にできます。リキッドやクリームよりは、サラッとしているものが多く、ヨレにくいです。特に鼻筋に塗りやすいので簡単に鼻を高く見せたい人におすすめです。

ハイライトの選び方

ハイライトの色味にはピンク・ベージュ系、ラベンダー系、イエロー系があります。肌の色やなりたい肌に合わせて選びましょう!

ピンク・ベージュ系

ピンク・ベージュ系を使えば顔がぱっと明るくなり、顔色がよく見えます。色白の人には血色がよく見えるピンク系、標準的な肌色の人いはベージュ系がおすすめです。

ラベンダー系

肌のくすみやクマが気になる場合はラベンダー系を使うことでくすみを飛ばすことができます。また、くすみを飛ばすことで、透明感のある肌に仕上げることができます。

イエロー系

吹き出物や赤みがかったニキビをカバーしたいときはイエロー系を使うことで赤みを見えづらくし、キレイな肌を演出できます。また、黄味がかった肌の方はイエロー系を使うことでより自然に仕上げることができます。

ハイライトの使い方

次にハイライトの使い方についてご紹介していきます!

ツヤとテカリの違い

ハイライトを使用する上で注意しなければいけないのが「テカリ」に見えないようにする事です。ツヤ肌を作ろうとしたのにテカリに見えてしまう場合、ハイライトを入れる位置が間違っている可能性が高いです。特に髪の生え際や小鼻、鼻と口の間にツヤがあるとテカリに見えやすくなってしまいます。これらの部分はパウダーで抑え、効果的にハイライトを入れていきましょう!

Tゾーン

Tゾーン

額に「広く丸く」入れることで丸みのある額になります。また、鼻筋に「縦に細く」入れることで鼻を高く見せることができます。額と鼻筋に光を集めることでメリハリが出るため、顔に立体感が生まれます。

Cゾーン

Cゾーン

頬骨の上あたりに「広く」のせることで目元のくすみを飛ばし、透明感を出すことができます。クマやシミができやすい部分ですが、光で飛ばすことで目立ちにくくする事ができます。

あご

あご

「あご先に少し」のせる事であごをシャープに見せて顔全体を小さく見せる事ができます。

おすすめのハイライト3選

セザンヌ パールグロウハイライト

セザンヌ パールグロウハイライト

こちらのハイライトは販売後すぐに入手困難になる程人気で「幻のハイライト」「塗るレフ板」と称されています。1000円以下で手に入るにもかかわらず、デパコス並みのツヤ感がでます。また、しっとりした粉感であるため肌との密着度も高いです。セザンヌはドラックストアなどでも購入でき、プチプラなので初心者でも気軽に手に取る事ができます。

CLIO プリズムエアハイライター

CLIO プリズムエアハイライター

こちらのハイライトは微細パール粒子が大量に配合されており、肌の内側から潤っているようなツヤ感を演出できます。小さい面積でつける事で塗りすぎていないキレイなツヤに仕上げる事ができます。

RMK グロースティック

RMK グロースティック

こちらのハイライトはスティックタイプのため持ち運びに便利です。また、ラメが繊細なため自然にツヤを出す事ができます。価格も2,000円(税別)とデパコスの中ではお手頃です。

ハイライトでなりたい顔に近づこう

ハイライトを使用する事で顔に立体感を出す事で小顔に見せたり、カバーしたい部分を光で飛ばしたりする事ができるのでなりたい自分に近づく事ができます。さらに立体感や小顔効果を求める場合はシェーディングにも挑戦してみましょう!

あなたにおすすめの記事

この記事を見た方はこちらも見ています。

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト