【メンズにおすすめ】さらさらな髪の毛になるヘアオイルの使い方

目次

 

髪が傷んでしまっている男性の中には「ヘアオイル」を使ってみたいけど、ヘアオイルの使い方がわからないという方がいるのではないでしょうか。

トリートメントやコンディショナーに加え、ヘアオイルを使うと今まで以上に質の良いさらさらヘアに生まれ変わります。 今回は、ヘアオイルの効果や使い方を解説していきます。

メンズヘアオイルとは

ヘアオイルは髪の水分や油分を補ってくれ、髪を乾燥から守ってくれるヘアケアアイテムです。 また、ドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守ってくれる役割があります。髪を染めたり、ブリーチをして髪が傷んでしまっている方におすすめです。 

メンズヘアオイルの効果

ヘアオイルには髪の水分や油分を補い、保湿する効果があります。髪にツヤを与えるのできれいに見え、髪をまとまりやすくしてくれます。 さらに、トリートメントで髪に与えた栄養分を保持してくれたり、ブラッシングの摩擦による切れ毛や枝毛の予防に防いでくれたりと、様々な役割を担ってくれます。

メンズヘアオイルはどう使う?

ヘアオイルをつける量

メンズがヘアオイルをつける際は、半滴〜1滴が目安です。

男性は髪が短いので、ヘアオイルをつけすぎると髪がベタついてしまいます。

ヘアオイルをつける場所

ヘアオイルは基本的に髪の毛先から中間にかけてつけます。毛先の内側から髪の中間地点の内側まで馴染ませるようにつけましょう。

頭皮にヘアオイルをつけるときは、頭皮ケア用のヘアオイルを手のひらと指に満遍なくつけ、指の腹を使いマッサージをするように指圧をしてつけます。

頭皮にヘアオイルをつけすぎると、毛穴トラブルを引き起こす可能性があるので、つけすぎには気を付けましょう。

ヘアオイルの付け方

ヘアオイルを塗るときはヘアオイルを手のひらに適量出し、手のひらと指に満遍なくヘアオイルが馴染むようにに伸ばしましょう。

髪にヘアオイルをつけるときは髪を手で解かすようにつけて、髪をほぐすように揉み込むのがポイントです。

ヘアオイルはつけるタイミングが非常に重要です。つけるタイミングを間違えてしまうと髪がベタベタになったり、ヘアトラブルを招いてしまうので気をつけましょう。 ヘアオイルをつける正しいタイミングを紹介します。

ヘアオイルをつけるタイミング

ヘアアイロン・ドライヤーの後

メンズ ヘアドライヤー

ヘアアイロンやドライヤーの熱・摩擦は髪が傷んでしまう原因です。 入浴後、タオルで髪を乾かした後にヘアオイルを適量手に取り髪に馴染ませてから、スタイリングによる髪へのダメージを抑えることができます。また、髪がまとまりスタイリングが上手く決まるようになります。 

乾燥しているとき

乾燥しているときは静電気などで髪が傷みやすく、髪に潤いがなくなりパサつくことがあります。 また、乾燥によって頭皮がかゆくなってしまうこともあります。そんな時にヘアオイルで髪に潤いを与えてあげることで、髪を乾燥から守ることができます。

乾燥時のヘアオイルをつけるタイミングは髪を濡らし、タオルドライした後です。

乾燥地帯 

頭皮マッサージをする時

ヘアオイルを使って頭皮マッサージをすると血流を良くし、頭皮全体に栄養を行き届かせることができます。 頭皮には洗い流しきれなかったシャンプーによって皮脂が頭皮に詰まることがあります。その時にヘアオイルを使うことで、余分な皮脂を落とすことができます。 

頭皮マッサージ

ヘアオイルの種類

ヘアオイルには2種類あり、それぞれ効果が違うので自分の髪質に合ったヘアオイルを使用しましょう。

植物性オイル

メンズ 植物性ヘアオイル

植物性オイルは、ツバキオイルやオリーブオイル、ホホバオイルなどの天然成分を原料として作られているヘアオイルです。植物性のヘアオイルは髪の内側までしっかりと浸透し、補修してくれます。 天然由来の成分は刺激が少なく、毛穴を防ぐことがありません。そのため頭皮に負担がかかりにくく、頭皮マッサージをする時などは植物性オイルを使用することをおすすめします。 

動物性オイル

メンズ 動物性オイル

動物性オイルは原料が動物から採れるオイルです。動物から作られているため人の肌に馴染みやすく、しっかりと潤いを与えてくれます。 動物性のオイルの中でも「馬油」は有名ではないしょうか。馬油は栄養価が高く、シミを予防するためのスキンケア用品としても使われている動物性オイルです。また保湿力が高く、髪だけでなく頭皮まで保湿してくれ、頭皮の乾燥を防いでくれます。 

鉱物性オイル

メンズ 鉱物性ヘアオイル

鉱物性オイルは石油などの鉱物油がベースで作られているオイルです。髪の毛の手触り指通りを滑らかにし、ツヤを出してくれる効果があります。 鉱物性オイルは植物性や動物性のオイルと比べて、手触りがよく、ツヤを引き出し、髪をきれいに見せることができます。 

メンズヘアオイルの選び方

メンズがヘアオイルを選ぶときは、頭皮ケア・髪の毛の補修・スタイリングの3点を重視して選ぶようにしましょう。 ヘアオイルにはヘアケアするだけでなく、スタイリングを整えてくれるヘアオイルがあります。スタイリングを整え、頭皮ケアの効果があるヘアオイルや、髪の毛の補修のみしてくれるヘアオイルなどがあります。 毛穴の汚れを落としたい方は「頭皮ケア」、乾燥から髪を守りたい方は「髪の毛の補修」をメインとするヘアオイルを選ぶのがおすすめです。

目的別メンズヘアオイルのおすすめ3選

頭皮ケア

1.大島椿

頭皮・髪・肌のどのケアもできる天然椿油100%の植物性オイルです。人の皮脂と同じく成分を含むので頭皮にやさしいのが特徴です。シャンプー前の乾いた頭皮に適量を揉み込み、5分ほど放置したらぬるま湯で髪と頭皮をしっかりとすすぎ、シャンプーをするようにしましょう。余分な皮脂を落とすことができます。 

髪の毛の補修

2.MENON メンズヘアオイル

メンズ商品のラインナップが多い、MENONのヘアオイルです。髪の毛を保湿・補修する天然成分(ホホバオイルなど6種類の天然オイルに2種類の植物エキスの合計8種類)が含まれており、傷んだ髪の毛を丁寧にケアしてくれます。

スタイリング

3.リップス メンズヘアオイル

ヘアサロンで有名なリップスのヘアトリートメントです。毎日お客様と向き合う美容師がプロデュースする、本格的な商品です。ワックスとの併用が考えられているので、ベタつきが少なく軽いつけ心地になっています。髪の補修効果があるのも魅力です。

メンズもヘアオイルで質のいいサラサラヘアに

ヘアオイルは髪のダメージを修復してくれ、理想のヘアスタイルを手に入れることができるメンズの味方です。髪が傷みすぎて、さらさらヘアを諦めていた人もぜひ一度「ヘアオイル」を使ってみてはいかがでしょうか。

☑️ヘアケア対策にはコンディショナーを使うのもおすすめです!コンディショナーの効果や使い方を下記の記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください!

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト