【FIVEISM】THREEメンズメイクショップ梅田店を紹介!

目次

メンズもメイクを始めてみたい!とはいえ、いざ男性がコスメショップに買いに行くとなると、どんな雰囲気なのかわからない、どう選べばいいのかわからない、、といった不安があるのではないでしょうか?

そんな人のために、今回はルクア大阪の中に構える実店舗の様子を、ご紹介したいと思います。

FIVEISM × THREE とは

女性に人気のコスメブランド、THREE(スリー)を展開するACROが立ち上げた、日本初のメンズ総合コスメブランド、FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)。 ”Individuality (個性)"をコンセプトに、自分らしさを求めるメンズメイクを提案しています。

メンズ向けのFIVEISMの特徴

BAR(バー)と呼ばれるスティック状のアイテムが特徴です。 男性の肌の色に合わせて作られており、ツヤを出すものが多い女性向けの化粧品に比べ、より肌になじみやすいようにマットな質感になっています。 髭を剃る、歯を磨くといった日常生活の動きを元に、曲線や顔の凹凸に対して使いやすいように考えられ、かさばらないので携帯しやすいこともポイントです。

他地域の実店舗は?

東京は新宿、丸の内、有楽町に合計4店舗、大阪には梅田、心斎橋に合計3店舗、実店舗も展開されています。メンズメイクブランドとして化粧品を実際に見て試すことのできる場所は珍しいのではないかと思います。

FIVEISM×THREE LUCUA OSAKA店

ルクア大阪の7F、黒を基調とした内装で通りすがりの人でも目につきやすいよう、商品が並べてあります。 2枚目の写真に写っている奥のモニターでは、各コスメの使い方の動画が流れていて、使うイメージを掴むことができます。 menk編集部が訪れた際は、男性と女性、1名ずつの店員さんがいらっしゃいました。

実際にMenk編集部も試してみた

こちらはネイキッドコンプレクション バーで、ファンデーションとして使います。 初めに書いた通り、FIVEISMはスティック状のアイテムが特徴で、持ちやすい形になっています。そのため、女性もののようにパフなどを使う手間もなく、片手で簡単にファンデーションを伸ばすことができます。 また、女性ものは潤いを与えてツヤを出すような商品も多いですが、こちらはマットなテクスチャーで、かつよく伸びて肌になじむので、厚塗り感も出ず、化粧をしていることがばれないのではないかと思います。 男性向け、と言われているのも納得です。 ・MEN’S NONO美容大賞メイク部門1位 ・VOCE下半期メンズコスメアワードのベースメイク部門1位 にも選ばれており、人気の商品です。

先ほどのファンデーションと並んで人気があるのが、下地となるネイキッドタッチモイスチャライザー。 こちらはリキッドタイプなのですが、ウォーターベースで伸びやすくて薄付きに仕上がります。植物由来の成分も配合されているので、肌への負担を気にされている方も使いやすいのではないかと思います。

ポイントメイクも豊富

ベースメイクは肌馴染みがよく、厚塗り感を感じさせないことで、初めての人でも使いやすいラインナップであると思いますが、アイメイクやチーク、リップなどに使える商品はカラーバリエーションが豊富です。 ヘアカラーにも使える商品もあるので、普段使い以外でも、お洒落をして出かけたいときに試したい商品です。

ショップのイメージは掴めましたか?

写真でもわかるように、FIVEISMでは色味も多く展開されています。ご紹介したファンデーションはなんと15色展開です。 より自分の肌に合った商品を選ぶために、テスターを利用して色を確かめるようにしましょう。 商品を試す際は、美容部員さんに相談し教えてもらいながら、自分自身で商品を試すことができるので、是非買う前に一度試してみて、自分に合った商品や色味を選ぶことがおすすめです。 FIVEISMを自分用に購入される女性もいらっしゃるようなので、初めは一緒に選んでみるのも1つの方法なのではないでしょうか。 ☑️「BOY DE CHANEL(ボーイ・ドゥ・シャネル)」というメンズコスメブランドをご存知でしょうか? ハイブランドの「シャネル」が立ち上げたメンズコスメブランドです。 BOY DE CHANELについて下記の記事で詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください!

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト