冬場のメンズの洗顔のポイントって?乾燥が気にならない洗顔をする方法

目次

寒い朝に洗顔するのは、余計寒くなって嫌いな人も多いはず。髭を剃らないなら「洗顔したくない」と思う人は多いのではないでしょうか?実際、夏に比べて洗顔の重要性を感じない人も多いはず。

しかし、冬もきちんと洗顔をしないと、肌に不必要な汚れが取れず、元気なのにも関わらず疲れて見えやすくなってしまうのです。

冬の洗顔のポイントを抑えることで、肌のくすみをることで肌の透明感があがります。スキンケアの浸透力も上がるので乾燥に負けづらい肌を作ることができるのが冬の洗顔のポイント。

透明感と乾燥に負けづらい肌は清潔感を感じさせるのに必要な要素。

清潔感を手に入れるための冬の洗顔にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

汗をかかないから洗顔をしないのはダメ

洗顔 冬場 NG

冬はどうしても汗をかく機会が減ってしまいます。「汗が出る=洗顔をする」は正解ですが、「汗が出ない=洗顔をしない」のは間違い。洗顔は汗を落とすだけでなく、古くなった角質を取り除くためにもしています。

もし汗をかかないからと洗顔をしなくなってしまった場合、角質を取り除くことができないため、顔色がワントーン暗くなってしまいます

冬になると疲れて見られやすくなるのは、古くなった角質の影響で、血色がきれいに見えないから。人によっては年齢より年上に見られてしまうかもしれません。

角質がうまく取り除けない場合、毛穴が詰まりやすくなってしまうので、ニキビも出来やすくなってしまいます。

洗顔は保湿タイプを選ぼう

洗顔料 保湿タイプ

乾燥が気になりやすい原因に男性用洗顔の特徴があります。男性は女性に比べ皮脂分泌が多いため、洗浄力が高くなっています。夏場は皮脂分泌が多いので、しっかり汚れを落とすタイプを使うのがおすすめ。

しかし乾燥しやすい冬に同じ洗顔料を使うと、さらに乾燥してしまい、乾燥による肌荒れや、人によってはニキビができてしまう原因に。

肌の潤いを守るためにも、保湿タイプの洗顔料を使うのがおすすめ。潤いをなるべく逃がさずに洗顔できるので、乾燥による肌荒れを防げます。

肌の汚れを取り除きながら、潤いは守ってくれるので、冬の乾燥が気になる人にピッタリの洗顔料です。泡立てに自信や時間がない人はポンプタイプを使うのがおすすめ。

寒いからとお湯で洗顔すると乾燥しやすくなる

寒さ 肌荒れ 原因

寒いと洗顔をするのがどうしても面倒に感じる人も多いはず。寒さを感じたくないから、とお湯で洗顔する人も多い。

実はお湯で洗顔すると、肌に必要な潤いまで落としてしまうのです。肌に必要な潤いを落とすことで洗顔後の肌がツッパリやすくなり、乾燥してしまいます。

洗顔するときは、冷たすぎず熱すぎない温度の水で洗顔するのがおすすめ。30℃くらいのぬるま湯で洗顔しましょう。30℃くらいだと、冷たすぎず熱すぎないので、乾燥から肌を守りつつ、水洗顔の冷たさも回避できます。

冬こそ洗顔をして乾燥に強くなろう

洗顔 冬 必要性

冬の洗顔を正しくするのは、とても重要です。肌の透明感はあがり、スキンケアの浸透が良くなるので乾燥を感じなくなるからです。清潔感は誰でも整えることのできる身だしなみ。

汗をかかない時期と手を抜かずに洗顔をすることで、古くなった角質を除去してニキビを予防することができます。洗顔することで乾燥を感じる人は、使っている洗顔料を保湿タイプか見直すことで、乾燥を予防することができます。

寒いからこそお湯で洗顔しがちですが、30℃ぐらいのぬるま湯で洗顔することで、潤いと寒さから肌を守ることができます。

洗顔を変えればスキンケアの効果が変わるので、この機会に冬の洗顔方法を見直してみませんか?

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る