ニキビ跡

 

やっとニキビが治ったのに跡が残ってしまった、そんな経験はありませんか?ニキビ跡とは、ニキビが治ったところにできる赤みや茶色のシミのようなものであり、主に3つの種類があります。

ここではニキビ跡ができてしまう原因やケア方法についてご紹介します!


ニキビのケア、これはおすすめできません!

ニキビを隠すために上からコンシーラーやファンデーションを塗ったり、気になって触ったり潰したりすることはあまり正しいケアの方法とは言えません!これこそが、ニキビ跡を作ってしまう原因になるからです。

ニキビ跡はニキビの部分が外部からの刺激によって更に炎症を起こすことでできてしまいます。ニキビができた時には気になる気持ちを抑えて、何も触れないようにしておくことをおすすめします!

 

赤みのあるニキビ跡への対処法

赤みがあるニキビ跡は、皮膚の中で炎症が起きることで毛細血管が目立つようになり赤く見えます。

赤みが残るタイプのニキビ跡の改善方法は、スキンケアをするときにビタミンCが配合されている化粧水や美容液を使うことです。

赤みのあるニキビ跡は、他のニキビ跡に比べると比較的早く治すことができます。

 

茶色のニキビ跡の対処法

茶色などの色素沈着によってできたニキビ跡は、炎症によりメラニンが作られることが原因でできます。

この茶色のニキビ跡がいわゆるシミです。

このタイプのニキビ跡は、美白成分やピーリング成分が配合された化粧水を使うのがおすすめです。

ピーリングは肌への刺激が強いので週に1,2回の頻度で使うのがいいです。

 

クレーターニキビ跡の対処法

クレーター型のニキビ跡の改善は、セルフケアで治すのはとても時間がかかります。費用はかかりますが、美容クリニックなどに頼るのがおすすめです。

 

ニキビ跡にはこれがかかせない!

ニキビ跡を直すためには炎症が起こった肌を鎮静させながら、元の綺麗な肌を再生させていくことが必要です。そのためにはニキビケア専用の洗顔を使用してニキビのもととなる細菌を取り除くだけでなく、クリームなどを用いて保湿しながら肌を守っていくことが大切になってきます。

おすすめはこちら!