目の周りの黒ずみ

 

目の周りの黒ずみ、その正体はクマです。クマは体に疲労が溜まってしまい、目の周りの血行が悪くなることによって生じてしまいます。

ここではクマに悩むあなたに、その予防法や自然に隠す方法を紹介していきます。


クマには3種類ある!?

クマには大きく青クマ、茶クマ、黒クマの3種類あり、それぞれのクマができてしまう要因が異なっています。ここからは種類ごとにクマができてしまう原因とその対策を紹介していきます!

 

青クマ

疲れや睡眠不足、ストレスなどから血行不良になることできます。また最近では、PCやスマホを長時間使用することによる目の疲れやドライアイなどが原因で青クマができる人も増えています。解消方法としては、目の周りの血行をよくすることです。目の周りをホットタオルで温めたり、優しくマッサージをしたりすることで、クマを薄くしたりできにくくすることができます。

 

茶クマ

茶クマは目をこすってしまうことによってメラニン色素が沈着してしまったり、角質が厚くなってしまったことによってできてしまいます。クマの部分を引っ張ったり伸ばしたりしても色が薄くならないことが茶クマの特徴です。解消方法としては、肌のターンオーバーの調整を折るために肌の保湿力を高めるヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合したスキンケアを行うことをオススメします

 

黒クマ

黒クマは目の下のくぼみやたるみによってできるクマです。その部分が影になり、黒ずんで見えてしまいます。くぼみやたるみは、加齢や疲れが原因で起こります。解消方法としては、表情筋や眼輪筋を鍛えることによって、皮膚のたるみをなくしていくことが最善です。また、青クマの対策方法のように、保湿やマッサージをすることも黒クマに有効です。

そんなクマを隠したい!

顔の印象が暗くなってしまうクマですが、コンシーラーを使うことで自然に隠していくことができます。また、茶クマの原因となるメラニン色素を少しずつ取り除いていくことでクマを薄くしていくのもオススメです!

おすすめはこちら!