日焼けた肌

 

多くの人が日焼けによって肌が赤くなってしまったり、黒くなってしまったり、また痛みを感じたりしたことがあ流のではないでしょうか?

そんなあなたに日焼けを予防する方法や、日焼けて黒くなってしまった肌を少しずつ色白にしていく方法を紹介していきます!


そもそも日焼けとは

日焼けは「焼ける」という文字が含まれているように、皮膚が紫外線を受けることで軽く火傷を負ってしまった状態のことを指します。ただ肌の色が変化してしまうだけでなく、肌に大きなダメージを与えてしまうものなのでできるだけ事前に予防しておくことが大切です。

 

日焼けによってこんな悪影響も

日焼けをすることで肌が黒くなるのはもちろん、色素が沈着してしまいシミやシワの原因になることがあります。つまり肌の老化が進んでしまうのです。

また紫外線を多く浴びているため、皮膚ガンの発症リスクを上げてしまう恐れもあり、体全体に悪影響が及ぶ可能性があることも知っておきましょう。

 

予防のために日焼け止めを使おう!

まずは事前に日焼けを予防することが大切です。そのためには日焼け止めがかかせません!

そして、日焼け止めには主に3種類あります。

 

クリームタイプ

カバー力が高く化粧下地としても使えます。テクスチャーが伸びやすく水分が含まれているので乾燥肌の人におすすめの日焼け止めです。

 

ジェルタイプ

さらっとした付け心地なので、ベタつきが苦手な人におすすめです。

 

スプレータイプ

文字通りスプレーで塗る日焼け止めです。背中など手が届かない箇所に日焼け止めを塗りたいときに活躍します。

 

日焼けの対処法

日焼けをした肌は軽くヤケドをしたのと同じ状態なので、まずはしっかりと冷やしましょう。また、肌の水分が失われているので化粧水を使って保湿することも重要です。痛みがある場合は、肌が落ち着いてから馴染むように塗るのがおすすめです。

 

黒くなった肌を色白にしたい!

日焼けが落ち着いた後、多くの人は肌の色が少し黒くなってしまいます。しかし元の色に戻すには、長い時間がかかってしまいます。そこで少しでもその時間を短くするために、美白効果のあるクリームやフェイスパックを使用することがおすすめです!

 

おすすめはこちら!