大ヒットブランドの裏側を徹底分析!

■人気爆発はどこから生まれた?

ドクタージャルトは2005年に韓国で生まれたブランドです。皮膚科医のDr. Sung Jae Jungと立案者のChin Wook Leeによって創設されました。

■創設者のブランドに対する思い

「スキンケア・科学・アートの融合」をブランドのコンセプトとしています。商品の質だけではなくパッケージのデザインにも創造性を発揮しています。デザイナーは、オリジナルのパッケージをカスタマイズして開発することに時間をかけています。

公式サイトより(https://us.drjart.com/pages/about)

■海外ブランドって肌荒れしそう…?

ドクタージャルトの商品開発には、皮膚に詳しい専門家が時間をかけて、分析、解析をしています。肌に有害な化学成分が入っておらず、自然由来の成分が使用されており、肌トラブルがお悩みの方でも安心して使うことができます。『海外製品は自分の肌に合うか分からないから買いにい…』という方でも、ドクタージャルトは36ヶ国に展開していることからグローバルで信頼されています。

■世界から成果が認められた?

ドクタージャルトは韓国初で「BBクリーム」の導入をしました。このBBクリームは発売された当初から大ヒット。一気に欧米のトレンドにまで入り、2011年にはアメリカの美容専門店SephoraでBBクリームとして初めての導入もされたんだとか。ドクタージャルトは美容市場を大変化させたと言われています。

ビューティーアワード、デザインアワード、ガバメントアワードなど、世界からも認められているということがよく分かりますよね。

公式サイトより(https://us.drjart.com/pages/about)

■個性的でオシャレすぎる!手放せないパッケージ

最近では、韓国で不動の人気の「シカペアクリーム」や「セラマイディンクリームミスト」などスキンケア商品が揃います。アーティストがデザインしたクリエイティブなパッケージも個性的です。

■日本にそもそも上陸してるの?

魅力的な商品が揃うドクタージャルトですが、日本にはまだ未上陸です。そのため、通販で購入することができます。韓国ではドラッグスト『olive young(オリーブヤング)』で販売されていたり、カロスキルに路面店舗を構えています。

こんな人におすすめ!

☆肌の赤みを抑えたい方

「シカペアカバークリーム」は緑色のクリームですが、肌の上で伸ばすと、ベージュ色になり、肌に浸透します。ニキビによる肌の赤みをしっかり抑えてくれます。

☆慢性的な肌荒れやニキビにお悩みの方

「シカペアクリーム」をスキンケアの最後に塗ることで、ニキビなどの赤く盛り上がった部分を保護し、肌を再生してくれます。皮膚を再生するといわれるほど効果が大きいので、『今まで何を試してもダメだった…』そんな方におすすめできるブランドです。