顎の青髭

 

髭を剃った後に毛根に残る髭が皮膚から透けて見えてしまったものが青髭の正体。青髭ができる原因としては、

・食生活の乱れや筋トレなどで男性ホルモンが活性化され髭の成長が促進される

・髭剃りの際に皮膚に負担がかかり皮膚が薄くなってしまう

この2つが大きくあげられます。それではこの青髭をなくしていくためにはどのような対策を行えばいいのでしょうか?ここでは顎の青髭について適切な対策法を紹介していきます!


まずは髭の剃り方から

青髭を防ぐには、髭を剃る方向を髭の生えている向きに従って剃る順剃りにすることが最善策です。これによって肌の削れを抑えることができるため、肌が受けるダメージも軽減できます。

また、剃る時には必ず摩擦が発生してしまうためそこから受けるダメージを抑えることも大切です。定期的にカミソリや髭剃りの刃を交換したり、普段からシェービング剤を使用することをおすすめします!

順剃りで剃りきれなかった部分がどうしても気になる人は、仕上げとして軽く逆剃りするとよりすっきりした仕上がりを得ることができます!

 

髭を抜くのは適切な対処法?

髭を抜くことで確かに青髭はなくすことができます。しかし毛を抜く時に痛みが伴っていることからもわかるように、肌そのものにダメージがかかってしまうためあまりおすすめできません!出かける前に気になった部分を2・3本抜く程度で止めておきましょう。

 

剃った後のケアも大切に

どんなに工夫して髭を剃っても、肌は必ずダメージを受けています。傷ついた肌には保湿ができる化粧水を塗ってしっかりとケアしてあげることが大切です。

おすすめはこちら!

Text

今の青髭を隠すには?

肌の色にあったコンシーラーで部分的に隠していくか、ファンデーションを顔全体に塗りコンシーラーで気になる部分だけさらに重ね塗りすることで隠すことができます。

おすすめはこちら!

Text