【2020年最新版】メンズ化粧下地15選|おすすめのコスメから使い方まで徹底解説

目次

メンズ向けの化粧下地をご存知でしょうか。メンズ向けの化粧下地を使うことで肌の血色をよく見せたり、化粧ノリをよくしていくこともできます。しかし化粧下地は種類が多く、どれを選べばいいか分からなかったり、使い方が分からなかったりなどの悩みを抱える男性も多いでしょう。そこで今回は、メンズ向け化粧下地の使い方やおすすめのメンズ化粧下地まで徹底解説しています。

メンズ化粧下地とは

男性には仕上がりがベタつかず、自然な化粧下地がおすすめです。男性は皮脂が女性よりも出やすく、ベタつきがちなのでさっぱりした物を選んであげるといいでしょう。

メンズ化粧下地の選び方

ここからは、メンズ向け化粧下地の選び方についてご紹介します。

仕上がりで選ぶ

ナチュラルさを重視するなら艶がありカバー力の低い化粧下地

自然な仕上がりを目指している男性には、少し艶があり、カバー力があまり無い化粧下地をおすすめします。少し艶を見せることで、元の肌と同じような質感に仕上がります。また、カバー力の小さい化粧下地を使うことで、顔の血色をあげつつ、不自然な仕上がりを防ぐことができます。

韓国アイドル風の仕上がりにするなら白めでカバー力が高い化粧下地

韓国アイドルの皆さんは、かなり肌が白く見え、毛穴などが無いように見えます。そこで、韓国風の仕上がりにするなら、色が白く、カバー力の高い化粧下地をおすすめします。

肌質別に選ぶ

乾燥肌の方は保湿力の高い化粧下地を選ぶ

乾燥肌の男性は、昼夜問わずかなり肌がガサガサしてしまいます。そのため、化粧をする日中でも保湿が必要になってきます。そこで、乾燥肌の男性は保湿力の高い化粧下地を選ぶことをおすすめします。保湿力の高い化粧下地を使うことで、乾燥による肌荒れや化粧崩れを予防することが可能です。 

脂性肌の方はテカリを抑えられる化粧下地を選ぶ

脂性肌の男性は、皮脂の分泌量が平均より多めのため、テカリが気になる男性が多いです。そのため、脂性肌の男性にはテカリを抑えられる化粧下地を選んであげるのがおすすめです。具体的には、皮脂を吸収してくれるロングラスティング成分などが含まれている化粧下地を選ぶと良いでしょう。

混合肌の方はキープ力が高い化粧下地を選ぶ

混合肌の男性は、テカリ・乾燥のどちらも気になる方が多いです。そのため、ついつい化粧下地の量を間違えて、昼前には化粧が崩れてしまうことも。そんな男性には、キープ力が高い化粧下地をおすすめします。キープ力の高い化粧下地を選ぶことで、塗らならなさすぎなどを防ぐことが可能です。

肌色別に選ぶ

色白の方はトーンが明るめの化粧下地を選ぶ

色白肌の男性は、同じ色味か、もう1トーン明るい化粧下地を選んであげましょう。このタイプの男性は、女性用の明るい色の化粧下地を選んでも問題はありません。ただし、ツヤ感の強いものを使うと浮いてしまうこともあるので注意が必要です。

暗めの肌の方は同じトーンの化粧下地を選ぶ

暗めの肌の男性は、自分と同じトーンの化粧下地を選んであげると良いでしょう。ついつい明るい色の化粧下地に手を出しがちですが、かなり色味が浮いてしまうことがあります。自分と同じトーンのものを選んであげても、顔の印象はよくなってくるので心配する必要はありません。

赤めの肌の方はグリーンの化粧下地を選ぶ

赤めの肌の男性が白い化粧下地を使って今うと浮いてしまうことがあります。そんな赤み肌を打ち消してくれる色が、グリーンです。グリーンの色味を使うことで、赤みを打ち消し、自然な仕上がりを作ることができます。

メンズ化粧下地の使い方

主に3つのステップで化粧下地を使っていきましょう。正しい方法を知ることで理想の仕上がりにすることができます。

1.小豆粒大の化粧下地を取る

まずは、小豆粒の大きさくらい化粧下地をとります。少なすぎても化粧下地の効果が薄れ、多すぎても化粧下地が浮いてしまいます。必ず適量を守ってあげましょう。

2.おでこ、両頬、顎の5点に均等にのせる

次に化粧下地を均等にのせていきます。こうすることで、伸ばすときに色むらや塗りむらができにくくなります。おでこ、両頬、顎の5点にのせてあげると伸ばしやすいのでやってみてください。

3. 顔全体に満遍なく広げる

最後に、顔全体に化粧下地を伸ばしてあげましょう。伸ばすときに、顔の内側から顔の外側に向かって伸ばしてあげることでナチュラルな仕上がりになるのでぜひやってみてください。

 メンズ化粧下地おすすめ人気ランキングTOP15

ここからは、メンズ向け化粧下地の人気ランキングをご紹介します。このランキングは、Amazon・楽天・@コスメ・Menkフォロワー様などの評価を総合的にみて作っています。 

まとめ

今回は、メンズ化粧下地についてご紹介しました。化粧下地を使えば、化粧ノリを長くしたり、肌への刺激を抑えていくことができます。選び方を参考に化粧下地をチェックしてみてください。