【知っておきたい】簡単にできるメンズニキビの隠し方

目次

「気になり過ぎてニキビを潰しちゃう」「繰り返しできるニキビが嫌」「治ったのにまたニキビができた」 いつになってもニキビに関する悩みはつきません。 ニキビができないようにするためには、日頃のスキンケアがとても重要です。 今回は、ニキビができる原因とニキビ対策の方法をご紹介します。

ニキビの原因とは

そもそもニキビとは一体何でしょうか。 ニキビとは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」です。 尋常性ざ瘡と聞いてもよくわかりませんよね。簡単にいうと皮膚の病気のことです。 ニキビを作らないためには、まずはニキビが病気であることを認識し、正しいケアをすることが必要になります。 また、ニキビには大人ニキビと思春期ニキビがあり、それぞれ対策の方法が異なります。

ニキビの原因はアクネ菌

それではなぜニキビが出来てしまうのでしょうか。その原因を見ていきましょう。

毛穴の詰まりがアクネ菌の増殖を招く

皮脂の過剰な分泌や角質効果などで毛穴が詰まると、その中でアクネ菌が増殖します。そのアクネ菌こそがニキビの素になるのです。 アクネ菌は「常在菌」と呼ばれる基本的には病原性のない菌ですが、 皮脂内部で過剰に増殖してしまうと炎症を起こしてしまいます。この炎症こそがニキビなのです。

アクネ菌の対策

アクネ菌の増殖を予防するためには、炎症を悪化させないことが重要です。 炎症を起こしている患部に雑菌を与えたり、患部を刺激したりすると、炎症が悪化してしまいます。 繰り返しニキビができる人、ニキビやニキビ跡が治らない人は知らないうちに炎症を悪化させている可能性があるのです。 炎症を悪化させないためには、毎日同じタオルで顔を拭いたり、枕カバーを洗っていなかったり、よく顔を触ったりしないようにしましょう。

大人ニキビの対策

大人ニキビは、思春期ニキビと比べて、同じところに繰り返しできやすく、治りにくいのが特徴です。 大人ニキビを改善するためには、生活習慣の見直しが大切です。丁寧にスキンケアを行うことはもちろんですが、規則正しい生活を行い、栄養バランスを考えた食事をとり、ストレスを溜め込まないように意識して、体の内側からのケアも心がけてください。

思春期ニキビの対策

思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因です。こまめに洗顔を行い、余分な皮脂を洗い流し、肌を清潔に保つようにしましょう。 しかし、刺激の強い洗顔はかえってニキビを悪化させてしまうので、注意が必要です。 思春期の肌はとても敏感です。泡立てネットを使って泡で包み込むように優しく洗う、肌触りの良いタオルで優しく水分を拭き取るなど、優しく行いましょう。

スキンケアでニキビ対策

手順1.洗顔 まずは、清潔な手を準備しましょう。水の温度はぬるめが良いです。温度が熱すぎてしまうと肌にダメージを与えてしまいます。また、冷たすぎるのも肌によくありません。 ぬるめの水で、顔の汚れを落すことができたら、たっぷりの泡を立てて顔を優しく撫でるように洗います。 この時のイメージは泡を肌に置くような感じです。泡を立てるのは手と顔が擦れてしまうのを防ぐためです。泡を立てるのが苦手な人は泡立てネットを使いましょう。 泡で洗うことができたら、しっかり洗い流します。洗い流しがあると肌への刺激になってしまうので気をつけましょう。 手順2.化粧水 洗顔を行うことができたら、たっぷりの化粧水で保湿します。 手で行っても良いですし、コットンを使って行うのも良いでしょう。この時は塗り残しがないようにこまめに顔全体に馴染ませてください。顔の内側から外側へ行うのがポイントです。 手順3.乳液・クリームでの保湿 化粧水をつけることができたら、乳液またはクリームでフタをしてあげます。化粧水のみだと化粧水が蒸発してしまい保湿できません。そのためフタをする必要があります。 乳液またはクリームはつけ過ぎないように、少なめに取り足りなかったら足していくようにしましょう。 以上がスキンケアの大まかな流れです。 スキンケアに関しては以下の記事でより詳細に説明しています。

栄養素でニキビ対策

ニキビケアに大切なことが4つあります。 ・炎症を抑える成分「グルチルリチン酸」 ・皮脂の分泌を抑える成分「ビタミンC」 ・肌を保湿し、守る成分「ヒアルロン酸」と「セラミド」 この4つの成分を上手く利用することが大切です。

「グルチルリチン酸」

ニキビの炎症を抑える成分の中でも代表なものは「グルチルリチン酸」です。 グルチルリチン酸は赤ニキビのように炎症を伴うニキビの症状緩和する効果があります。

「ビタミンC誘導体」

ビタミンCにはニキビの原因の一つである皮脂の過剰な分泌を抑える効果があります。 しかし、ビタミンCはそのままの形だと吸収されにくいため、肌に入りやすい形に変えたものがビタミンC誘導体です。 オイリー肌が原因でニキビができている場合や思春期ニキビには有効な成分です。 また、ビタミンCには「ニキビ跡の原因であるメラニンの生成を抑えたりメラニンの排出を助け、色素沈着の改善を促したりする効果があります。」 そのため、色素沈着して茶色くなったニキビ跡を治すことができるのです。

「ヒアルロン酸」

肌が乾燥すると人間の身体は肌表面を守るために皮脂を分泌します。 しかし、皮脂の過剰な分泌はニキビの原因です。 そのため、乾燥による皮脂の過剰分泌が行われないように肌を守る・保湿する必要があります。 肌が保湿する効果のある成分として代表的なのはヒアルロン酸です。 ヒアルロン酸は細胞と細胞の間にある水分保持を行う成分で、ヒアルロン酸がたくさんあるほど、肌は潤います。

「セラミド」

セラミドは元々人間の肌に備わっているバリア機能を向上させる成分で、セラミド自体には保湿効果はありませんが、 肌を美しく保つために欠かせないラメラ構造を形成する役割を持っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。ニキビの原因をしっかり理解し、でした。正しい対策することでニキビは改善できます。ぜひ今回ご紹介した方法を実践して、きれいな肌を目指してみて下さい!

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト