しょうゆ顔にソース顔に塩顔あなたは何顔?【顔を調味料に例えると】

目次

しょうゆ顔に塩顔にソース顔。 調味料に例えた「〇〇顔」をいちどは聞いたことがあるかと思います。 それぞれの顔の特徴や、どんな調味料の顔があるかまとめました。

しょうゆ顔

一番日本人らしい顔とも言われるしょうゆ顔。 すっきりとした目鼻立ちが特徴ともいえます。
この投稿をInstagramで見る

ちちんぷいぷいさん(@puipui_mbs)がシェアした投稿 -

代表的なしょうゆ顔として向井理さんが挙げられます。

ソース顔

日本人離れした濃い顔が特徴のソース顔。 しょうゆ顔とは真逆の顔です。 このソース顔という言葉は、1988年に流行語大賞も取ったのだとか。
この投稿をInstagramで見る

ヤナセ コウタさん(@yana_ko_0611)がシェアした投稿 -

ソース顔の代表といえば、阿部寛さん。

塩顔

塩顔はあっさりしたアジア人らしい顔の人のことです。 色白で唇が薄く、一目でシャープな目元が特徴です。
この投稿をInstagramで見る

ヒガ@accessツアー中野参戦!!さん(@axslove2019)がシェアした投稿 -

ミッチーこと及川光博さんも塩顔のひとり。

酢顔

塩よりさらにあっさりした顔なのが酢顔。
この投稿をInstagramで見る

しほさん(@shiho7979)がシェアした投稿 -

BUMP OF CHICKENの藤原基央さんも酢顔のひとり。

みそ顔

ソース顔よりまろやかなのがみそ顔。
この投稿をInstagramで見る

真飛 聖さん(@sei_matobu)がシェアした投稿 -

代表的なみそ顔といえばマツケンこと松平健さん。

砂糖顔

砂糖顔は丸い目や輪郭、丸顔だけど小顔といった特徴があります。 童顔だと砂糖顔に見えます。
この投稿をInstagramで見る

今城純さん(@junimajo)がシェアした投稿 -

千葉雄大さんも砂糖顔の代表例といえます。

マヨネーズ顔

砂糖顔ほど甘くなく、あっさりとしているのがマヨネーズ顔。 童顔に見えるけど、ふとしたときの表情が大人っぽいのもマヨネーズ顔の特徴。 砂糖顔ほど甘すぎないのも特徴です。
この投稿をInstagramで見る

Tatsuya Fujiwaraさん(@fujiwara_tatsuya_888)がシェアした投稿 -

俳優の藤原竜也さんもマヨネーズ顔の代表です。

ケチャップ顔

ソース顔ほど濃くなく、あっさりしているのがケチャプ顔。 濃すぎず、薄すぎず。濃厚さと、甘さが絶妙なバランスで成り立っているのがケチャップ顔です。
この投稿をInstagramで見る

ヒラタ ナツさん(@natunatukg)がシェアした投稿 -

竹野内豊さんもケチャップ顔のひとり。

オリーブオイル顔

最後に紹介するのがオリーブオイル顔。
この投稿をInstagramで見る

速水もこみちさん(@mocomichi_hayami)がシェアした投稿 -

オリーブオイル顔の人は速水もこみちさんしかいないようです。

あなたにおすすめの記事

この記事を見た方はこちらも見ています。

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト