肌断食は本当に良いの?肌断食の効果について徹底解説

目次

肌をきれいにするために日々スキンケアに励んだり、美しく見せるためにメイクをしたりして、美容に対して意識の高い男性の方も多いと思います。 しかし、スキンケアを含む化粧品は化学製品なので、少なからず人の肌に対して影響を与えているのは間違いないです。 「丹念にスキンケアに励んでいるのに、なぜかお肌の状態が改善しない」という方は、化粧品の使いすぎでかえって肌を悪化させているのが原因なのかもしれません。 今回は『何もしない美容』という、いわゆる肌断食について解説していきます。

肌断食とは?

肌断食とは、化粧水や保湿クリームなどを含め肌にスキンケアを一切行わず、人間が本来持っている肌の再生力を回復させるという美容法です。 もともと人間の肌には、保湿機能やバリア機能の働きがあり、代謝のサイクルによって肌を常に新鮮な状態に保ちます。 しかし、私達は化粧品に頼って保湿などのスキンケアを行っているせいで、肌がそれに慣れてしまい、本来持っているパワーを出し切れていないのです。

そこで肌断食を行うことによって、肌が休まって、本来のパワーの復活を促すことができるということです。 肌断食で有名な方法に、宇津木式などが挙げられます。

肌断食でのスキンケア

では実際にどのように日常的なスキンケアをするのでしょうか。 簡単です。朝起きたら無添加せっけんで優しく顔を洗い、ぬるま湯で顔をすすぐだけです。 洗顔に関しては、しっかりと泡立てることがポイントになります。 そして洗顔後は、化粧水や乳液などの保湿を一切行いません。 人間の肌は本来しっとりしておらず、サラッとしているので、多少のカサつきでは何も保湿しなくても問題ありません。 しかし冬場で湿度がひどく低い場合や乾燥肌の人は、肌が乾燥して粉をふいたようになるかもしれません。 そういったときには、少しだけワセリンを塗ってもかまいません。

実際の効果は?

肌断食を行うことで、荒れてカサついた肌にハリができて、皮脂分泌のバランスがちょうど良くなります。 また、ニキビや毛穴のつまりが解消され、全体的にきめ細かな肌になります。 しかし肌断食をやったからといって、短期的に改善されるわけではなく、日々の継続が必要になります。

「さすがに初めから全てのスキンケアを断つのは肌にダメージがありそうで厳しい」と思う人は、最初に乳液だけやめてみるなどの段階的な肌断食を行うことで、継続のハードルを下げることができます。 肌断食の効果は人によって様々で、肌断食が合う人もいれば、肌断食が全く合わない人もいます。

様子を見て、肌があまりにも荒れてしまった場合などには、天然成分でできた基礎化粧品を使用するようにしましょう。 また、紫外線によるシミやシワは避けたいので、肌断食を行っているときでも外出時には日焼け止めを適宜使用しましょう。

まとめ

肌断食による効果は、ネット上でも多くの方が絶賛されているようです。 もちろんただ肌断食を行えば良いというわけではなく、脂っこい食事を抑える、睡眠時間を十分に確保するなど、美肌になるための基本的な生活習慣にも十分に配慮する必要があります。 ぜひ部分的なやり方からでも、肌断食を試してみてはいかがでしょうか?

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト