【メンズスキンケア】男性向け乳液の使い方!乳液の知識・使い方を徹底解説

目次

スキンケアは男女問わず当たり前に行われるものになりました。 男性においても、洗顔を行い、化粧水を使い、乳液を使って保湿を行うことが当たり前のように感じます。しかし、何気なく化粧水や乳液を使うのはとても勿体ないです。 それぞれの基礎化粧品の効果や知識など、使い方を理解して使用することで、スキンケアで効果を発揮できます。 今回は、化粧水の後にフタの代わりをする乳液の使い方を紹介します。

乳液とは

乳液は肌の潤いを保つ働きをし、油分の幕を貼ることで刺激から守り、保湿効果を高めます。また、乳液の特徴として「柔軟作用」といって、肌を柔らかくする働きがあります。

乳液の役割

最近では、洗顔後に化粧水を使う男性も増えてきて当たり前のように感じてきました。しかし化粧水だけではまだ足りません。そこで取り入れるべきが乳液です。乳液を使うことでテカリが抑えられるんですよ。 化粧水と比べると乳液は少しベタつきやすいので毎日続けるのが少し嫌な人もいるかもしれません。 先ほど述べたように、そもそも乳液とは「肌の水分をキープし、肌を潤し、柔らかな質感に保つ」役割があります。つまり、洗顔後、化粧水で保湿したとしても、蓋をする役割を持つ乳液を取り入れないと、成分は肌内部に浸透させることができず、時間が経つと、化粧水は蒸発してしまいます。 また、肌内部にしっかり美容成分を浸透させることができると肌の土台づくりを行うことができます。外的刺激から肌を守るためのバリア機能も、ターンオーバーのサイクルも整えることで素肌を綺麗にしてくれるため、化粧水後の乳液は欠かせません。

男性が乳液を取り入れなくてはいけない理由

男性のスキンケアも当たり前になっています。だからこそ男性は乳液を取り入れさらに美肌男子に近づく必要があります。 なぜ、男性が乳液を取り入れなくてはいけないのかには理由があります。 ・皮脂量が多い まず一つ目の理由は皮脂量です。男性は皮脂量が多くテカリやベタつきなど起こしやす肌質です。 ・乾燥しやすい 冬場は乾燥しやすいのはわかっていると思います。ですが季節を問わず常に乾燥はするものなんです。肌はとても敏感なので気づかないうちに乾燥しているかもしれません。 乾燥は肌の危険サインとも言われるほど、多くの肌トラブルを招きます。乾燥肌と自覚している人は特に肌内部にしっかりと美容成分を補う必要があります。

乳液の効果的な使い方

男性にも乳液の必要性はわかったと思います。ここからは乳液の使い方を説明します。

スキンケアのポイント

乳液を使う順番は、化粧水後です。 1洗顔 2化粧水 3乳液 以上の順番です。 化粧水の次に乳液です。 乳液をたっぷり使うと、べたべたになってしまうので10円玉くらいの量を手に取り頬からつけ、額、顎の順番で置いたら、顔の中心から外側へ向けて大きく円を書くように伸ばしてなじませます。 コツとしては、足らなかったら足すということを意識し、多めに取り過ぎないようにしましょう。 テカリやすい部分はつけすぎないように意識しましょう。油分が含まれているため、つけ過ぎると肌トラブルにつながります。 乳液を使う時も優しく使いましょう。

まとめ

スキンケアにおいて、乳液は化粧水とセットで欠かせないアイテムです。洗顔後は化粧水を使って、それをフタするように乳液を使いましょう。 ただし、乳液のつけ過ぎは肌トラブルにもなるので適切な量を適切な場所につけることを意識してください。 乳液をまだ使ったことない人や、なんとなく使っていた人はぜひ今日から化粧水の後に乳液を使ってみてはどうでしょうか。1日ですぐ効果が出ることは難しいですが、毎日コツコツ行うことで肌が綺麗になると実感できるはずです。 継続して行い美肌を目指しましょう。

☑️乳液の他に化粧水やクレンジングなどを使用すると、よりきれいな肌を保つことができます!スキンケアについて下記の記事で詳しく解説していますので気になる方はチェックしてみてください!

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト