メンズにおすすめ!ベタつかない乳液おすすめ5選|使い方まで徹底解説

目次

最近は男性の化粧にも注目が集まっている中、綺麗な肌を保ちたいと考える男性が多いです。

「乾燥肌で冬になるとカサカサしてしまう・・」
「常にオイリー肌で気持ち悪い。」

このようなスキントラブルを防ぐためにも「乳液」は男性にも欠かせないアイテムです。

とはいえ「なんかベタベタする」「化粧水だけで付ければよいのでは?」と考えている方もいますよね。

そこで今回は乳液がベタつく理由や、男性にオススメな乳液を紹介します。

合わせて、ベタつかせない乳液の使い方を解説します。

なぜ乳液はべたつくの?

乳液がベタつく理由はいくつかあります。

  1. 乳液の量が多い
  2. 乳液を付けるタイミングが間違っている
  3. 肌質に合っていない

一つずつ具体的に説明していきますね。

1つ目に乳液をつける量が多いことがあげられます。

必要以上に塗りすぎるのは、肌がべたつく原因です。

2つ目は乳液を付けるタイミングです。

普通肌に塗る順番は、化粧水→乳液ですよね。

ここで化粧水を使って、すぐに乳液を塗っていませんか?

時間を置かずに乳液を塗ってしまうと、水分と油分が混ざりベタつきの原因になってしまいます。

3つ目の原因は肌質にあっていないからです。

肌質には主に4種類あります。

「乾燥肌」

水分量が少なく、カサカサした状態の肌

「脂性肌」

皮脂が多く分泌されている、いわゆる”オイリー肌”のこと。

「混合肌」

乾燥肌と脂性肌が混ざった肌質。部分によって状態が違う。

「敏感肌」

洗顔後に肌がヒリヒリするのが特徴で、バリア機能が低下しやすい。

男性は女性に比べて肌トラブルが発生しやすいです。

皮脂分泌が多く、ベタつきやすいのが主な原因でしょう。

また、ひげ剃りのダメージで乾燥も起こりやすい一面もあります。

それぞれの肌質に適した乳液を選ぶことが大切。

ベタつきが少ないメンズ乳液おすすめ5選

ここでメンズにオススメの乳液を紹介します。

①菊正宗 日本酒の乳液

菊正宗 日本酒の乳液 

かさつきや乾燥が気になる部分に、なじみやすい乳液。

ベタつかずサラサラとした使い心地は、肌に潤いをもたらします。

②薬用 ニキビケア 乳液

 薬用 ニキビケア 乳液

抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」を配合して大人ニキビに有効。
ベタつかずしっとりとした付け心地がメンズにもピッタリです。

なめらか本舗 乳液

なめらか本舗 乳液

豆乳成分であるイソフラボンを配合しており、ニキビの炎症を抑制します。

付け心地も伸び心地が良く、ベタつかず潤います。

手頃な価格でコスパも抜群。

④ニベアメン スキンコンディショナーバーム

ニベアメン スキンコンディショナーバーム

青缶で有名なニベアのメンズ用乳液。
ベタつきにくく、乾燥と肌荒れを予防します。
アルコールを使っていないので、シェービング後でもヒリヒリせずしません。

⑤キュレル 潤浸保湿 乳液

⑤キュレル 潤浸保湿 乳液

肌に必須と言われる「セラミド」の働きを補い、潤いをもたらす。
肌荒れやカサカサ肌を防いでくれます。
敏感な肌に優しい設計は、メンズにもオススメです。

ベタつかない乳液の使い方を解説

step1.使用量を調節する

乳液はたくさん付けすぎると、ベタつきの原因となってしまいます。

仮に「付けすぎたな・・」と感じたら、余分な乳液はティッシュペーパーで拭き取りましょう。

step2.乳液はすぐに塗らない

化粧水を付けた後は、2~3分時間を置いてから乳液を使用すること。

step3.正しく塗る

乳液は、刷り込むように塗ること。

そうすると、両頬・額・鼻・あごといった顔全体に伸ばすことができます。

まとめ

内容をまとめていきます。

・乳液のベタつきには、使用量とタイミングに気をつけること。

・自分の肌質にあった乳液を使用すること。
・乳液は化粧水を付けてから2~3分時間を置いて付ける。
・刷り込むように顔全体に塗る。

肌に悩んでいる男性は多いものの、「肌で悩んでいるなんて言えない・・」と気恥ずかしくて相談できない方も多いでしょう。

ですが男性だって、清潔で綺麗な肌を保ちたいのは当然ですよね。

鏡を見るたび「今日も俺の肌は絶好調だな!」と思えれば、前向きになれるはず。

この記事の内容を意識して、正しいスキンケアを実践してみてください。

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る