市販のアイテムでメンズの眉毛を染める方法を紹介!注意点からおすすめまで解説

目次

「市販のアイテムで眉毛を染めたい!」

「市販のアイテムで眉毛を染めるのが不安…。」

市販のアイテムで眉毛を染める時に、気になる点があるかと思います。今回は、市販のアイテムを使って眉毛を染める方法についてご紹介します。眉毛を染める時の注意点からおすすめのアイテムまで紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

市販のアイテムで眉毛は染められる?

eyebrow-dye

市販のアイテムであっても眉毛を染めることは可能です。ただし、眉サロンなどで眉毛を染めるよりも思っていた通りの眉毛にすることができない可能性もあるので注意が必要です。 

市販のアイテムの中でもっとも眉毛を染めるのに向いているのが、眉マスカラです。眉マスカラを使えば、眉毛サロン並みの整った眉毛を作ることができます。

眉毛を染める時の注意点

眉毛を染める時は、眉毛の色に注意が必要です。眉毛の色が髪の毛の色より濃いと、芋っぽい印象になってしまいます。眉毛を染める時は、自分の髪の毛より少し明るめの色になるように調整してみましょう。

市販のアイテムで眉毛を染める方法

eyebrow-caution

ここからは、安全に市販のアイテムで眉毛を染める方法についてご紹介していきます。髪のタイプによって、染める方法が違うので、あなたの髪タイプに合わせて、使い方をご覧ください。

金髪の場合

暗い金髪の場合は、茶色の眉マスカラ、明るめの金髪の場合は、黄色〜明るい茶色の眉マスカラを使うのがおすすめです。金髪の場合は特に、髪の毛の色と眉毛の色が違いすぎる場合は、眉毛だけが浮きやすいので注意しましょう。

黒髪の場合

就活やバイト先の事情などで、髪を黒に戻す方もいると思います。その場合は、髪の毛だけでなく、眉毛も黒色に戻していく必要があります。黒髪に合う眉毛の色はダークグレーです。

その他の髪の毛の場合

その他の毛の色の場合は、自分の眉毛より少し明るめの色味を選ぶのがおすすめです。全ての色に共通するのは、自分の髪の毛の色より眉毛の色を明るくすると垢抜けることができるということです。例えば、茶髪であれば明るめの茶色を、赤めの色であれば少し明るめの赤色を選びましょう。

メンズの眉毛を染める市販のアイテム3選

ここからは、メンズの眉毛を染めることができる市販のアイテムをご紹介します。どのアイテムも使いやすいものとなっているのでぜひチェックしてみてください。

プチール 眉ティント ダークブラウン

プチール 眉ティント ダークブラウン

こちらは、髪の毛が、黒・茶色などの暗めの色のメンズにおすすめの眉ティントです。色味が濃いので、しっかり眉毛に色をつけることができます

また、キープ力が非常に高く、30分使用するだけで、5〜7日色が持つので、面倒な手入れをする必要がありません。 

プチール 眉ティント ライトブラウン

プチール 眉ティント ライトブラウン

こちらは、金髪の男性におすすめの眉ティントです。眉ティントの中では、色味が明るい方なので、明るい金髪の方でも色浮きせず安心して使うことができます

メンズ眉墨

メンズ 眉墨 

こちらは、黒髪のメンズにおすすめの眉ティントです。メンズの眉毛を研究して作られているので、とてもナチュラルな眉毛がこれ1つで完成します。

1本1本の眉毛に塗っていけるので、ふんわりした眉毛にしていくことができます。

あなたも市販のアイテムで眉毛を染めてみよう

市販のアイテムでも、しっかり眉毛を染めることができます。あなたも市販のアイテムを使って、眉毛を染めてみてください。

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る