男性のクレンジングはいる?いらない?必要性をご紹介

目次

男性の中には、メイクをするという方もいるかと思います。そうでない方でも、汚れが気になる方は多いかと思います。今回は、男性のクレンジングの必要性について詳しくご紹介します。

クレンジングとは

クレンジングとは

クレンジングをしないと肌の汚れが落ちない!そう思っていませんか?

クレンジングとはメイクなどの脂汚れや毛穴に詰まった黒ずみなどを落とすものです。

ではお化粧をしない男性にクレンジングは必要でしょうか?

答えはNOです。

男性の皮膚の特徴とともになぜ必要ないのか、では日々のケアーでなにをするべきなのか説明していきます

男性の皮膚の特徴

オイリー肌は圧倒的に男性が多く女性の約2倍というデータもあります。男性ホルモンが皮脂腺を活性化させ特にTゾーンは皮脂の増加により毛穴が詰まりニキビが悪化してしまいます。

ニキビが悪化すると皮膚の正常の形が壊れてニキビ跡になりボディーイメージの変化から将来的に悩むことになるリスクも高いのです。

クレンジングと男性の肌

クレンジング メンズ 肌

では男性がクレンジングを使うとどうなるでしょうか?まずクレンジングに使用されている成分で注意してほしいのが・界面活性剤・オイル成分・添加物で肌に刺激をもたらし美肌になれず逆に悪化させてしまいます。

特に界面活性剤はメイクの脂を水で落とすため本来混じりあわない脂と水を混ぜるための成分ですが油性ペンを水で流せるようにするぐらい皮膚への刺激が強いものです。

食器洗い洗剤を想像すると脂が一瞬でなくなりますが肌につけたら必要な脂までなくします。本来皮脂は発毛をスムーズにするためある程度の量は必要であり、無くすことはできませんし敢えて無くすと逆に過剰な皮脂分泌を促す悪循環になるでしょう。

クレンジング以外で何を使えばいいのか

メンズ 洗顔料

クレンジングほど強いものを使う必要はありませんがある程度の脂を落とす分には皮脂分泌が多い人には良いでしょう。その場合は洗顔料を使ってみてください

洗顔料とクレンジングの大きな違いは洗顔でメイクを落とすことは出来ないけれど皮脂や古い角質・汚れを落とすことは出来ます。

逆に言えばクレンジングは皮脂や汚れの洗浄は出来にくいのです。

本来、毛穴のつまりは古い角質と異常に分泌された皮脂が年輪状になっていてうまく排出できず起こる現象で詰まると中のアクネ菌(ニキビの原因菌)が増殖し炎症を起こしニキビとなります。ですので、普段化粧をしない男性のケアーとしてはクレンジングよりも洗顔のほうが大切であると言えます。 

日々のケアで大切なこと

メンズ 日々 スキンケア

最も大切だと思うことは肌をこすらないようにすることです。肌をこすると肌のバリア機能は低下し肌の表面は傷つき角質が剥がれやすくなると角栓の原因になりせっかくの洗顔が無駄にむしろ悪化することになってしまいます。

そのためにするべき3つのポイント

・洗顔をするにあたって大切なのは肌をこすり過ぎないようしっかり泡立てること、現在多くの洗顔料があり泡タイプも多いのでそちらを使うことをおすすめします。

古い角質は基本的に勝手に垢となって排出されますが上手く出ることの出来ない部分には洗顔で手助けをしてあげればいいのです。

・髭剃りは出来れば毎日しないこと

・日焼け止めを塗ること(石鹸で落ちるタイプのものを使いましょう)

上記3点は肌を傷つけないために必要なことだと思います。是非試してみてください。

 

まとめ

男性もクレンジングを使うときれいになるというネットの情報は多いですが私はクレンジングは必要ないと思っています。

洗顔料については良いと思いますが気になる部分だけ洗顔すれば他の部分は水洗いでも十分でしょう。

男性は脂性肌になりやすいですが、女性のように日々化粧をする必要がありませんので正しい方法で日々ケアーをすれば悪化を抑えられやすいのです。

化粧をしないからこそきれいになりやすい男性の特徴を生かしてコンプレックスを少しでも解消できるそんなきれいな肌でいてほしいと思います。

Menk編集部

「メンズメイクを当たり前に。」をモットーに、Menk編集部が実際に試した男子におすすめの化粧品の紹介や、メンズメイクの知識ややり方を発信していきます!

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

About

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト

Menkについてもっと知る

メールマガジンに登録

トップに戻る