メンズにおすすめの肌別クレンジング5選

目次

多くの男性がクレンジングという言葉を聞いたことがあると思います。しかし、「クレンジングと洗顔の違いってなんだろう」、「クレンジングってどうやったらいいか分からない」という方もいるのではないでしょうか。この記事を読めばクレンジングについての全てがわかるようになります。

クレンジングと洗顔の違いって?

まずクレンジングと洗顔との違いについて説明します。クレンジングはメイクの汚れや毛穴に詰まった角栓や黒ずみなどの主に油性の汚れを落とします。洗顔は古くなった角質、余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどの主に水性の汚れを落とします。クレンジングと洗顔のどちらも汚れを落とすためのものですが、落とせる汚れの種類が異なります。

正しいメンズクレンジングのやり方

1.手を洗う

クレンジングをする前にきちんと手を洗いましょう。雑菌がついたまま顔を触るとニキビの原因となる可能性があります。

2.クレンジング剤でメイクを落とす

クレンジング剤の適量は商品に記載されている使用量です。クレンジング剤の量が足りないと、肌を擦ることになり摩擦で肌を傷めてしまいます。なので、肌の上でスルスルと抵抗なく滑る。くらいたっぷりクレンジング剤を使いましょう。皮脂の多いTゾーンから洗い、次に頬、目や口周りは皮膚が薄いので、一番力の弱い薬指を使って優しくクレンジングを行いましょう。

3.ぬるま湯ですすぐ

クレンジングをすすぐ際、お湯が熱すぎると、お肌に必要な油分まで落としてしまい、乾燥の原因になります。すこしぬるいなと感じるくらいの、30〜32度くらいのぬるま湯で洗顔をしましょう。

4.タオルで優しく拭き取る

クレンジング後は柔らかいタオルで肌を抑えるようにして水分を拭き取るようにしましょう。無理にこすると肌表面を傷つけて肌荒れの元になります。

メンズクレンジングについて勘違いしやすいこと

ナチュラルメイクの日もクレンジングは必要

自分はナチュラルメイクしかしないから洗顔だけで大丈夫と思っている方もいるかもありません。しかし、ファンデーションやアイシャドウなどの原料は主に粉と油でできています。なので、ナチュラルメイクであってもクレンジングで落とさずに寝てしまうと色素沈着してシミやくすみの原因となったり、毛穴にメイクが詰まってニキビができやすくなります。ナチュラルメイクしかしないという男性の方でもシミやくすみ、ニキビなどを防ぐためにメイクをしたその日のうちの必ずクレンジングでメイクを落とすようにしましょう。

日焼け止めだけを塗っている日もクレンジングは必要

メイクをせずに日焼け止めだけを塗る場合でも、スポーツ用やウォータープルーフの日焼け止めを使った日はクレンジングをする必要があります。スポーツ用の日焼け止めやウォータープルーフの日焼け止めは肌への密着度も高く、水性の洗顔料で洗っただけでは落としきれないからです。日焼け止めが肌に残ったままだと肌が乾燥し、肌荒れしやすくなるので必ずクレンジングで落とすようにしましょう。

メンズクレンジング剤の種類

クレンジング剤にはたくさんの種類があるのでどれを選んだらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?そんな方に向けて各クレンジング剤の種類ごとの特徴とオススメの商品を紹介していきます。

オイルタイプ

オイルタイプは、油分をメインに配合しており、濃いメイクもしっかりと洗い流すことができます。オイルタイプはクレンジング剤はがっつり濃いメイクをする方や皮脂量の多い方にオススメです。しかし、洗浄力がとても強く肌に必要な油分まで取り去ってしまうこともあるため、皮膚が乾燥しやすい方は気をつけましょう。

ミルクタイプ

ミルクタイプは、乳液のような質感のメイク落としです。トロッとしたテクスチャーで、お肌の油分を落としすぎない優しい洗い心地が特徴です。しかし、肌に優しい分オイルタイプと比べると洗浄力が弱いです。ミルクタイプは乾燥肌や刺激に弱い敏感肌の方にオススメです。

クリームタイプ

クリームタイプは水分と油分がバランスよく含まれているので保湿力があります。洗浄力と肌へのやさしさを兼ね揃えているのが特徴です。洗浄力や肌への刺激はオイルタイプとミルクタイプの中間ぐらいなので、オイルタイプは刺激が強すぎるけどミルクタイプではメイクを落としきれないという方にオススメです。

シートタイプ

シートタイプはシートにクレンジング成分が配合されていて、顔を拭くだけでメイクが落とせます。シートタイプはシートにクレンジング成分が配合されていて、顔を拭くだけでメイクが落とせます。が、摩擦による肌ダメージに注意が必要です。日常的に使用するのではなく、旅行先や疲れてすぐ眠りたいときなど場面に応じて使うようにしましょう。

編集部がおすすめするメンズクレンジング5選

オイルタイプのオススメ商品

ファンケル(FANCL)マイルドクレンジングオイル
こちらの商品は@コスメで2019年ベストコスメアワードクレンジング部門で1位を商品です。クレンジング剤でどれを買えばいいのか迷っている方はこの商品をオススメします。

ミルクタイプのオススメ商品

カバーマーククレンジングミルク

こちらの商品は@コスメで一番評価の高いクレンジングミルクです。刺激が少なく、保湿効果も高いので乾燥肌の方や敏感肌の人にオススメの商品です。

クリームタイプのオススメ商品

> ちふれ化粧品ウォッシャブルコールドクリーム

こちらの商品は多くのメイク系Youtuberが動画内で紹介したため一時期話題となった商品です。クレンジングだけでなくマッサージクリームとしても使用できる商品です。

シートタイプのオススメ商品

ビフェスタうる落ち水クレンジングシートモイスト

 

こちらの商品はシートタイプのクレンジングです。シートは大判で分厚く一枚でメイクをしっかりと落としてくれます。疲れていて早く寝たいときや旅行に行く時などにオススメの商品です。

クレンジングをしっかり使ってメイクを楽しもう

いかがだったでしょうか?メイクをする方にとってクレンジングは肌をきれいに保つために必要不可欠です。クレンジングの正しいやり方を身につけて、自分にあったクレンジング剤を使って肌を綺麗にしていきましょう。

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト