【メンズメイク】メイクしてることをバレさせないポイント

目次

メイクをしていたいけれど他の人にバレたくない、というメンズも多いかと思います。

薄くするだけでバレにくくなるのかな?と思って薄くするだけではバレにくさを上げることはできないんです。

バレないメイクをしたいメンズのためにメイクをバレにくくするポイントをご紹介します!

メイク感の出ないベース

バレないベースの基本

ベースはできるだけシンプルに仕上げましょう。

BBクリームまたはCCクリームとパウダー、気になる部分はコンシーラー、これで大丈夫です。

BBクリームはカバー力があるものが多く、CCクリームはカバー力はあまりありませんが肌色補正をしてくれます。

コスメはカバー力が高すぎなく、マットではなく自然なツヤがあるものを使いましょう。

厚塗りはメイク感が出てしまうので、ベースメイクを厚塗りするのではなく、どうしても隠したいところがあるときはコンシーラーを使いましょう。

また、小顔にしたい場合はシェーディングを軽く塗っても大丈夫です。

ベースメイクの色

また、ベースメイクの色のトーンは自分の肌に合うものを選びましょう。

明るすぎたり暗すぎたりすると顔だけが浮いて見え、不自然になるためナチュラルから遠ざかってしまいます。

パウダーはブラシで

パウダーの厚塗りは粉っぽさにつながってしまうため薄く塗る必要があります。

ブラシを使うことで、パフで塗るより均一に薄く塗ることができます。

パウダーはメイク崩れの防止にとても効果的なので、省くのではなく塗り方を変えてみてください。

眉毛はメイク感が出やすい

アイブロウにはパウダーが自然

眉毛はメイクしている感が出やすい箇所です。

そのため、ペンシルではっきり描くよりパウダーで全体にふんわりと色をつけて上げることをオススメします。

眉の薄い部分を埋めるように眉の形に沿って塗ることがポイントです。

色も自分の眉毛とあったものを選びましょう。

アイメイクはメイク感が出やすいためブラウンが鉄板

アイシャドウは省いても良し、もしくは軽くグラデーションを作る

アイシャドウなどアイメイクはメイク感の出やすい箇所です。

省いても問題はありませんが、陰影をつけ大きな目にしたい場合はブラウンのアイシャドウでグラデーションを作ることをオススメします。

グラデーションを作るときも濃く塗るのではなく薄く重ねていくことでナチュラルになります。

アイラインはペンシルで

アイライナーもブラウンのものがオススメです。

その中でもリキッドアイライナーなどはっきりしたものではなく、ぼかしやすくナチュラルなペンシルアイライナーでまつげの隙間を埋めるように描いていきましょう。

目尻からはみ出さないように描くことで、自然なはっきりとした目元になります。

リップやチークは色選びがポイント

チークは省いても良し、または自然な赤を使う

チークは塗りすぎると女の子らしい印象になってしまい、メイク感も共に出てきてしまいます。

また、ピンクやオレンジなどのような色も自然な血色からは離れてしまうため、赤がオススメです。

塗る際は頬にさっと一はけぐらいで大丈夫です。これで自然な血色感を得られます。

リップは赤で透明感のあるものを

リップも同じように赤がオススメです。

赤の中でも暗い色ではなく、明るい透明感のあるものは自然な血色感を

出してくれます。

質感もマットなものより自然なツヤのあるものが自然です。

赤の色付きリップクリームがバレにくいメイクには一番おすすめです。

ポイントを押さえて自然なメイクを

色味や薄さなどのポイントを押さえるとよりバレにくいメイクができます。

ぜひメイクを楽しんでください!

あなたにおすすめの記事

この記事を見た方はこちらも見ています。

Menk(メンク)は自分に適した化粧品を探す、メンズ美容総合サイト